遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【デッキレシピ】ついに完成!「EM竜剣士プラス」デッキ!!

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

そのカードの登場から約1年。

そのカードを使ったデッキを作るのに、いろいろと試行錯誤をしましたが、なかなかデッキにならない日々でした。

途中でほったらかしにしていた時期もありましたが、紆余曲折を経て、やっとデッキが完成しました。

そのカードの名前は、「EMプラスタートル」です!

_20151205_104301

「EMプラスタートル」が活躍するデッキを作ってみました。

ちなみに「P」はデッキレシピを見ていただくとわかると思います。

デッキレシピは、こんな感じになりました↓

【デッキレシピ】

〈モンスター24枚〉

竜剣士マスターP×3

竜魔王ベクターP×3

EMシルバー・クロウ×2

EMドクロバットジョーカー×3

ジゴバイト×1

EMリザードロー×3

EMモンキーボード×3

サイレント・アングラー×3

EMプラスタートル×3

〈マジック10枚〉

死者蘇生×1

イグナイト・リロード×3

竜呼相打つ×3

RUM―クイック・カオス×3

〈トラップ6枚〉

奈落の落とし穴×3

ペンデュラム・リボーン×3

エクストラデッキ

No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク×1

フレシアの蟲惑魔×1

ダイガスタ・エメラル×1

昇竜剣士マジェスターP×1

ガガガザムライ×1

No.82 ハートランドラコ×1

キングレムリン×1

No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ×1

CNo.80 葬装覇王レクイエム・イン・バーサーク×1

No.19 フリーザードン×1

発条装攻ゼンマイオー×1

CNo.103 神葬零嬢ラグナ・インフィニティ×1

FA―クリスタル・ゼロ・ランサー×1

剛竜剣士ダイナスターP×2

【基本戦術】

ペンデュラムゾーンを完成させることから始めます。

「EMモンキーボード」や「EMドクロバットジョーカー」のサーチ効果を使い、

ペンデュラムゾーンに「EMモンキーボード」と「EMリザードロー」を置くのが理想です。

これらのカードが手札に揃っていたら、「EMプラスタートル」を手札に加えます。

ペンデュラムゾーンが完成すれば、ペンデュラム召喚で、「EMプラスタートル」を含むレベル4モンスターを複数体特殊召喚して、エクシーズ召喚へ繋げます。

特殊召喚したいエクシーズモンスターは、「No.19 フリーザードン」です。

「EMプラスタートル」の効果を使い、自分自身と他のレベル4モンスターのレベルを1個上げて出します。

そして、「No.19 フリーザードン」を下敷きにして、「FA―クリスタル・ゼロ・ランサー」をエクシーズ召喚します。

_20151205_104108

高打点に加えて、破壊耐性があり、相手ターンでも効果を無効にできます。

さらに「フレシアの蟲惑魔」を横に並べると相手は苦戦を強いられるでしょう。

またこのデッキでは、「竜剣士マスターP」を入れたことにより、「昇竜剣士マジェスターP」や「剛竜剣士ダイナスターP」を出すこともできるようになっています。

これらのエクストラデッキから特殊召喚できるモンスターの効果により、「竜剣士マスターP」を使いまわして、さらなるエクシーズ召喚をすることもできます。

【採用したカードについて】

■ジゴバイト

「EMドクロバットジョーカー」がいる場合に特殊召喚できますので、「EMドクロバットジョーカー」を残しながら「キングレムリン」をエクシーズ召喚し、サーチ効果を使用することで、新たなエクシーズモンスターを特殊召喚できます。

■サイレント・アングラー

水属性がいる場合に、手札から特殊召喚できます。

「EMプラスタートル」や「FA―クリスタル・ゼロ・ランサー」、「剛竜剣士ダイナスターP」が水属性なので、特殊召喚できるチャンスは意外と多いです。

ただ、このカードを使う場合の注意点は、「サイレント・アングラー」の効果を使ったターン手札からモンスターを特殊召喚できなくなります。

ペンデュラム召喚で手札から特殊召喚したい場合は、先にペンデュラム召喚をしてから、このモンスターを特殊召喚するといいでしょう。

(このモンスターを手札から特殊召喚したら、テキストでは、『このターン自分は手札からモンスターを特殊召喚できない』と書かれていますが、QandAでは「サイレント・アングラー」を特殊召喚する前に、手札から特殊召喚していても、問題なく特殊召喚できるそうです。)

■RUM―クイック・カオス

対象が多い「RUM―リミテッド・バリアンズ・フォース」と迷うところですが、速攻という点を重視して、こちらの方を選びました。

このカードの対象モンスターは、「No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク」と「No.103 神葬零嬢ラグナ・ゼロ」の2枚になります。

バトルフェイズ時に追加で攻撃したいときに発動するのもいいですが、オススメの使い方は「No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク」に普通に使うのがいいと思います。

「No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク」をエクシーズ召喚して、そのまま「RUM―クイック・カオス」を使い、「CNo.80 葬装覇王レクイエム・イン・バーサーク」にランクアップします。

「CNo.80 葬装覇王レクイエム・イン・バーサーク」は、「No.80 狂装覇王ラプソディ・イン・バーサーク」をエクシーズ素材として持っていると、追加効果でエクシーズ素材を1つ取り除くことで、フィールドのカードを1枚除外できます。1ターンに1度という制限がないので、一気に3枚除外できます。

まさに、エクシーズ界の「ダーク・アームド・ドラゴン」ですね。

効果を使った後は、自分フィールドの他のエクシーズモンスターに装備して、攻撃力2000アップ+破壊耐性を得ることができます。

_20151205_104231

■ペンデュラム・リボーン

エクシーズモンスターによって、ペンデュラムモンスターが墓地に行くことが多いので、発動機会は多いです。

また、エクストラデッキへ行ったペンデュラムモンスターも特殊召喚できるので、範囲が広いのが「リビングデッドの呼び声」との違いです。

これで、「EMP」デッキの紹介を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました。