遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【デッキレシピ】目指せ大量展開!「カラクリミスト」デッキ!

※この記事はハイロン研究所時代の記事になります。

今回紹介するのは、「ブレイカーズ・オブ・シャドウ」で新たに登場した「ダイナミスト」を使ったデッキです。

シンクロ召喚をするデッキになりました。

【デッキレシピ】

〈モンスター24枚〉

ダイナミスト・レックス×3

ダイナミスト・ケラトプス×3

ダイナミスト・プテラン×3

ラクリ忍者 九壱九×3

ダイナミスト・プレシオス×3

ラクリ参謀 弐四八×3

ラクリ商人 壱七七×3

ラクリ小町 弐弐四×3

〈マジック10枚〉

借カラクリ蔵×3

簡易融合×1

ラクリ解体新書×2

ダイナミスト・チャージ×3

リミッター解除×1

〈トラップ6枚〉

ダイナミスト・ラッシュ×3

奈落の落とし穴×3

エクストラデッキ15枚〉

重装機甲 パンツァードラゴン×1

超重剣聖ムサーC×1

HSRチャンバライダー×1

ナチュル・ビースト×1

ラクリ将軍 無零×2

ラクリ大将軍 無零怒×3

ギアギガントX×1

No.103 神葬令嬢ラグナ・ゼロ×1

サイバー・ドラコン・ノヴァ×1

No.33 先史遺産―超兵器マシュ=マック×1

発条装攻ゼンマイオー×1

サイバー・ドラコン・インフィニティ×1

【基本戦術】

「ダイナミスト」をペンデュラム召喚して、通常召喚権を「カラクリ」のチューナーモンスターで使い、シンクロ召喚していくのが基本的な形になります。

まず、ペンデュラムゾーンに置く「ダイナミスト」は、ペンデュラムスケールが3と6であればOKです!

(推奨は「ダイナミスト・プレシオス」と「ダイナミスト・ケラトプス」の2枚。)

ペンデュラム召喚したい筆頭候補は、「ダイナミスト・レックス」です!

_20151104_104836

攻撃を行った後に、「ダイナミスト」をリリースすれば、どちらかを選べます。

●相手モンスターに続けて攻撃ができる。+貫通効果。

●相手の手札・フィールドのカード1枚を持ち主のデッキに戻す。(手札からはランダムに選ぶ。)+攻撃力100アップ。

「カラクリ」チューナーモンスターがいない場合でも、他の「ダイナミスト」がいれば、この2つの効果を使いわけて、戦うこともできます。

他には、レベル5の「ダイナミスト・ケラトプス」も候補になります。

次に通常召喚権で、召喚する「カラクリ」チューナーモンスターの筆頭候補は、「カラクリ小町 弐弐四」です。

_20151104_104809

このカードとレベル5の「ダイナミスト」でシンクロして、「カラクリ大将軍 無零怒」をシンクロ召喚します。

_20151104_104708

「カラクリ大将軍 無零怒」のシンクロ召喚時に、デッキから「カラクリ」を特殊召喚できるので、「カラクリ参謀 弐四八」攻撃表示で特殊召喚し、「カラクリ参謀 弐四八」の召喚・特殊召喚された時の効果で自分自身の表示形式を変更すると、「カラクリ大将軍 無零怒」の後半の効果により、1枚のドローができます。

さらに、レベル5の「ダイナミスト」がいるともう一体の「カラクリ大将軍 無零怒」がシンクロ召喚ができ、もう1枚ドローできます。

つまり、「カラクリ」チューナーモンスター1体とレベル5の「ダイナミスト」モンスターが3体いれば、「カラクリ大将軍 無零怒」3体が並んだ上に、手札が3枚増えることになります。

そこに、「カラクリ解体新書」があれば、さらに+2枚のドローができますので、かなりのアドバンテージを得ることができます。

「カラクリ小町 弐弐四」を筆頭候補にしたのは、これだけではありません。

「カラクリ小町 弐弐四」には通常召喚権に加えて、1度だけ「カラクリ」を召喚できる効果を持っています。

この効果を利用して、手札に「カラクリ商人 壱七七」がいれば、サーチをしつつ、レベル5のシンクロモンスターになることができ、「カラクリ忍者 九壱九」がいれば、レベル7の「カラクリ将軍 無零」になることができます。

もちろんレベル3のチューナーであれば、「カラクリ参謀 弐四八」も候補になります。

このデッキでは採用しませんでしたが、レベル4のチューナーとレベル4の「ダイナミスト」の組み合わせで出すこともできます。

【採用したカードについて】

■借カラクリ蔵

発動時にフィールドの「カラクリ」を選択する必要があるが、デッキからレベル4以下の「カラクリ」モンスター1体をサーチして、選択した「カラクリ」の表示形式を変えるカード。

表示形式を変更する効果は、「カラクリ」の攻撃を強制する効果を回避することができたり、「カラクリ解体新書」のカウンターを乗せることできるので、頭の片隅に置いておくといいだろう。

■ダイナミスト・チャージ

発動時に「ダイナミスト」をサーチ出来る効果と、1ターンに1度、「ダイナミスト」がフィールドからエクストラデッキに表側表示で加わった場合にそのカード1枚を手札に加える効果がある。

後半の効果は、強制効果なので注意が必要ですが、うまく使うことができれば、「ダイナミスト・ラッシュ」で特殊召喚したモンスターを手札に加えれる可能性はあります。

(ペンデュラムモンスターなので、あまり変わりはないかもしれませんが。)

■カラクリ解体新書

「カラクリ」モンスターの表示形式が変更する度に、このカードにカラクリカウンターが1つ置かれ(最大2つまで)、このカードを墓地へ送ることで、乗っていたカウンターの数だけデッキからドローできるカード。

「カラクリ」の表示形式が変わる場面は、相手から攻撃された時や「借カラクリ蔵」、「カラクリ参謀 弐四八」、「カラクリ将軍 無零」の効果があります。

最後まで、見ていただきありがとうございました。