遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「デッキビルドパック-シークレット・スレイヤーズ-」のおすすめカード10選!

 遊戯王OCG デュエルモンスターズ デッキビルドパック シークレット・スレイヤーズ BOX

どうも、ハイロンです。

今回は、3月7日(土)発売の「デッキビルドパック-シークレット・スレイヤーズ-」から、回収しておきたいおすすめのカードを紹介します。

 

「デッキビルドパック-シークレット・スレイヤーズ-」は、岩石族テーマの「魔救(アダマシア)」、植物族テーマの「六花(りっか)」、アンデット族テーマの「エルドリッチ」の3つがメインのパックとなっています。

 

これから紹介するカードは、上記の種族寄りのカードが多いですが、中には効果が良いカードや当たりになりそうなカード、回収しておきたいカードもあるので、参考までにご覧いただければと思います。

「魔救(アダマシア)」チューナー

■魔救の追求者

f:id:hairon36:20200304143927j:image

星2 地 岩石族/チューナー 1200/1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドに「魔救の追求者」以外の「アダマシア」モンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

②:自分メインフェイズに発動できる。自分のデッキの上からカードを5枚めくる。その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

 

■魔救の探索者

f:id:hairon36:20200304143942j:image

星2 地 岩石族/チューナー 100/2100 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドに「魔救の探索者」以外の岩石族モンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

②:自分メインフェイズに発動できる。自分のデッキの上からカードを5枚めくる。その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

 

■魔救の分析者

f:id:hairon36:20200304143953j:image

星4 地 岩石族/チューナー 1500/700

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:相手フィールドにのみモンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

②:自分メインフェイズに発動できる。自分のデッキの上からカードを5枚めくる。その中からチューナー以外のレベル4以下の岩石族モンスター1体を選んで特殊召喚できる。残りのカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

オススメポイント

●岩石族初のチューナーで、これにより岩石族のみでもシンクロ召喚ができるようになったのが大きなポイント。

 

●各「アダマシア」には、自身を特殊召喚できる①の効果があり、さらに②の効果で、非チューナーの岩石族モンスターを呼べる可能性があるので、通常召喚権を残したまま、シンクロ召喚ができます。

 

魔救の奇跡-ドラガイト

f:id:hairon36:20200304184454j:image

星8 水 岩石族/シンクロ 3000/2200 

チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分メインフェイズに発動できる。自分のデッキの上からカードを5枚めくる。その中の岩石族モンスターの数まで相手フィールドのカードを選んで持ち主の手札に戻す事ができる。めくったカードは好きな順番でデッキの一番下に戻す。

②:自分の墓地に水属性モンスターが存在し、相手が魔法・罠カードの効果を発動した時に発動できる。その発動を無効にし破壊する。

オススメポイント

●岩石族モンスターの採用が必要となってくるものの、デッキの上から5枚めくった中にいた岩石族モンスターの数まで、対象を取らずに(選んで)相手のカードを手札バウンスできる効果を持つレベル8のシンクロモンスター

 

●さらに墓地に水属性がいるときに、ノーコストで相手が発動した魔法・罠カードを無効にし破壊するカウンター系の効果も持っているのが特徴。

 

【スポンサードリンク】

 

 

六花精プリム

f:id:hairon36:20200304184523j:image

星4 水 植物族  800/1800

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドのモンスターがリリースされた場合に発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。

②:自分フィールドの植物族モンスターを2体まで対象として発動できる。そのモンスターのレベルをターン終了時まで2つ上げる。

オススメポイント

●自分フィールドのモンスターがリリースされた場合に特殊召喚できるので、アドバンス召喚のリリースやカードのコストでリリースした場合でも、特殊召喚が可能なモンスター。

 

●レベルを上げる効果は、自身も対象にできるため、アドバンス召喚に成功したモンスターのレベルに合わせて、エクシーズ召喚という流れもアリですね。

 

六花精スノードロップ

f:id:hairon36:20200304184618j:image

星8 水 植物族 1200/2600

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動できる。このカードと植物族モンスター1体を手札から特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は植物族モンスターしか特殊召喚できない。

②:自分フィールドの植物族モンスター1体を対象として発動できる。自分フィールドの全ての植物族モンスターのレベルはターン終了時まで対象のモンスターのレベルと同じになる。

オススメポイント

●自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースすることで、手札の「六花精スノードロップ」と植物族モンスターを展開できるレベル8のモンスター。

 

●②の効果によってレベルを調整できるので、①の効果で特殊召喚した植物族モンスターのレベルが異なっていても、エクシーズ召喚は容易です。

 

●「六花精エリカ」や「六花精ヘレボラス」とともに、新たな植物族サポートモンスターになりそうですね。

 

六花聖カンザシ

f:id:hairon36:20200305130954j:image

ランク6 水 植物族/エクシーズ 2400/2400

レベル6モンスター×2

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:モンスターがリリースされた場合、このカードのX素材を1つ取り除き、自分または相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは効果が無効化され、植物族になる。

②:自分フィールドの植物族モンスターが効果で破壊される場合、代わりに自分の手札・フィールドの植物族モンスター1体をリリースできる。

オススメポイント

●①の効果は、モンスターがリリースされた場合に発動する「死者蘇生」といったところで、リリースされていれば、フィールド・手札を問わないのがポイント。

蘇生したモンスターは、効果無効になるが、植物族になるので、「六花」魔法・罠カードのコストに使えます。

 

●②の効果は、植物族モンスターの効果破壊から、自分の手札・フィールドの植物族モンスターをリリースする形で身代わりにする効果で、そのまま①の効果のトリガーにもなります。

 

六花聖ティアドロップ

f:id:hairon36:20200304144019j:image

星8 水 植物族/エクシーズ 2800/2800 

レベル8モンスター×2

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードのX素材を1つ取り除き、自分・相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをリリースする。このカードが植物族モンスターをX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。

②:モンスターがリリースされる度に発動する。このカードの攻撃力はターン終了時まで、リリースされたモンスターの数×200アップする。

オススメポイント

●対象をとる効果であるものの、リリースという形でモンスターを除去できるので、破壊耐性を持つモンスターにも強いのが特徴。しかも、植物族をエクシーズ素材にしている場合は、相手ターンでも発動できるので、相手モンスターの展開途中で発動できれば、ベストタイミングですね。

 

●「六花」すべてに言えるポイントですが、可愛いww

 

六花の薄氷

f:id:hairon36:20200304184635j:image

通常罠

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

このカードは自分フィールドの植物族モンスター1体をリリースして発動する事もできる。

①:相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このターン、その表側表示モンスターはフィールドで発動する効果を発動できない。モンスターをリリースしてこのカードを発動した場合、さらにそのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。この効果でコントロールを得たモンスターは植物族になる。

オススメポイント

●先手型の効果封じといったところで、それだけであれば植物族を必要としない効果になります。植物族をリリースして発動すれば、植物族になって、コントロールをエンドフェイズまで得ることができるので、「六花」カードのコストに使うといいでしょう。

 

●ただ、効果を無効にしないため、フリーチェーン効果だったり、このカードの発動に対して、モンスターの効果をチェーンされてしまうと言う点に注意。

 

黄金卿エルドリッチ

f:id:hairon36:20200304144038j:image

星10 光 アンデット族 2500/2800 

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:手札からこのカードと魔法・罠カード1枚を墓地へ送り、フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを墓地へ送る。

②:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドの魔法・罠カード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードを手札に加える。その後、手札からアンデット族モンスター1体を特殊召喚できる。この効果で特殊召喚したモンスターは相手ターン終了時まで、攻撃力・守備力が1000アップし、効果では破壊されない。

オススメポイント

●カード除去効果と手札からアンデット族を特殊召喚する効果を持っているモンスター。

 

●②の効果については、手札に加えた後に、手札からアンデット族を特殊召喚できるので、サルベージした「黄金卿エルドリッチ」を特殊召喚することができるのもポイント!

 

●どちらの効果も魔法・罠カード1枚があれば発動できるので、アンデット族デッキだけに限らず、いろんなデッキに入りそうな汎用カードとなりそうです。

 

【スポンサードリンク】

 

 

最後に

上記では挙げなかったのですが、再録カードには「成金ゴブリン」や「神の宣告」といったカードも収録されているので、そちらもチェックですね。

 

今回のデッキビルドパックは、「アダマシア」、「六花」、「エルドリッチ」の3テーマですが、効果をよく見るとそのテーマ内に限らず、岩石族・植物族・アンデット族全般でも使えるカードがあるので、各種族の強化も兼ねていそうですね。

 

上記をもとにぜひ箱買いやパック買い、シングル買いの参考にしてみてくださいね。

 

では、このあたりで終わりたいと思います。

今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!