遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「ストラクチャーデッキR-マシンナーズ・コマンド-」のおすすめカード12選!

 遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -マシンナーズ・コマンド-

どうも、ハイロンです。

今回は、2月22日(土)発売の「ストラクチャーデッキR-マシンナーズ・コマンド-」から、回収しておきたいおすすめのカードを紹介します。

 

今回の「ストラクチャーデッキR-マシンナーズ・コマンド-」は、機械族がメインなので、選ぶカードも機械族寄りのカードが多いですが、その中から効果が良いカードや当たりになりそうなカード、回収しておきたいカードという視点からおすすめのカードを選んでみましたので、ご覧いただければと思います。

新規カード編

新規カードは、「マシンナーズ」や機械族寄りのカードが多いので、どんなデッキでも入るというようなカードではありませんが、機械族サポートとして、優秀な「マシンナーズ・カーネル」と「無許可の再奇動」の2枚を紹介したいと思います。

マシンナーズ・カーネル

f:id:hairon36:20200219161215j:image

星10 地 機械族/特殊召喚 3000/2500 

このカードは通常召喚できず、カードの効果でのみ特殊召喚できる。このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分・相手ターンに、自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。その機械族モンスターと、その攻撃力以下の攻撃力を持つ相手フィールドのモンスターを全て破壊する。

②:このカードが墓地に存在する状態で、「マシンナーズ・カーネル」以外の自分フィールドの表側表示の機械族・地属性モンスターが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。

オススメポイント

●条件を満たした場合に、自己蘇生ができる看板モンスターで、自分・相手ターンで打てるモンスター除去が強力。特に相手が展開している途中で、効果を発動できれば、大打撃を与えれるかも。

 

●なお、このモンスター自体は、カードの効果でしか特殊召喚できないので、墓地へ送っておいて自己蘇生するか、手札から特殊召喚したい場合は「マシンナーズ・ソルジャー」、手札・デッキから特殊召喚したい場合は「マシンナーズ・メガフォーム」や「機甲部隊の超臨界」、墓地から特殊召喚する場合は「マシンナーズ・パゼストレージ」の併用が必要となってきます。

 

無許可の再奇動

f:id:hairon36:20200219161227j:image

速攻魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分フィールドの機械族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターに、装備可能な機械族ユニオンモンスター1体を手札・デッキから装備する。この効果で装備したユニオンモンスターは、このターン特殊召喚できない。

オススメポイント

●装備対象は機械族モンスターになりますが、手札・デッキからユニオンモンスターを装備できる速攻魔法。

 

●「強化支援メカ・ヘビーウェポン」を装備して戦闘・効果破壊から守ったり、「ユニオン・ドライバー」を装備して、そこから好きなレベル4以下のユニオンモンスターを装備したりと言った使い方ができます。

 

再録カード編

f:id:hairon36:20200219161237j:image

再録カードにも「マシンナーズ」や機械族関連があるものの、汎用カードもチラホラとあるので、それらのカードをこの機会に拾っておきたいですね。

再録カードからおすすめできるカードとしては…

マシンナーズ・フォートレス

壊星壊獣ジズキエル

スクラップ・リサイクラ

機甲部隊の最前線

同胞の絆

コズミック・サイクロン

補給部隊

トラップトリック

門前払い

神の通告

の10枚になりますかね。

 

「マシンナーズ・フォートレス」、「スクラップ・リサイクラー」、「機甲部隊の最前線」は、完全に機械族サポートになりますが、容易に特殊召喚できる大型モンスター、機械族モンスターの墓地肥やし、戦線維持といった役割のあるカードなので、機械族デッキでは汎用カードとして採用できますね。

 

それら以外のカードは汎用カードと呼べるもので、「壊星壊獣ジズキエル」や「コズミック・サイクロン」、「トラップトリック」、「神の通告」は回収しておきたいですね。

 

あとは戦闘・効果破壊された場合に、デッキから1枚ドローできる「補給部隊」や種族・属性・レベルが同じステータスで統一されているデッキであれば、「同胞の絆」もチェックしておきたいところです。

 

懐かしいカードの再録としては、「門前払い」が挙げられますね。

「戦闘ダメージを与えたモンスターを手札に戻す」という効果を持っていて、攻撃して戦闘ダメージを与えたモンスターはもちろんですが、こちらから自爆特攻して反射ダメージを受けて相手モンスターを手札に戻すという使い方もできるのが面白いところ。

 

後者の使い方はつまり、リクルート効果を持つモンスターと相性が良いということになりますね。

 

余談ですが、久しぶりの再録だったので、このカードについて調べてみると【門前払い光神機】というワードが出てきて、ちょっぴり懐かしくなりました。

これからは【門前払い◯◯】が出てくるのかな?…(笑)

 

【スポンサードリンク】

 

 

最後に

ストラクチャーデッキR-マシンナーズ・コマンド-」から回収しておきたいカードを挙げてみました。
 
今回は、機械族ゴリゴリのストラクチャーデッキなので、上記で挙げなかった「アイアンドロー」や「マグネット・リバース」、「リミッター解除」の機械族関連カードも狙い目になってきそうですね。
 
上記をもとにぜひ箱買いやシングル買いの参考にしてみてくださいね。
 
では、このあたりで終わりたいと思います。
今回も最後まで読んでいただきありがとうございました!