遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

新マスタールールが2020年4月1日に改訂!事実上のエクストラリンク廃止か??

f:id:hairon36:20191222160801j:image

どうもハイロンです。
今回は、2020年4月1日(水)に施行されることになった「新マスタールール」について、書いておきたいと思います。

 

ルールについて変わるのは現在のところ1箇所だけですが、デッキの構築や動かし方に影響する大きな変更なので、今から準備や予習しておきたいですね。

改訂内容とは?

f:id:hairon36:20191222160819j:image
これまでは、EXデッキから出てくるモンスターは、全てエクストラモンスターゾーンか、リンクモンスターのリンク先でした。

その部分が...

2020年4月以降

融合モンスター、シンクロモンスター、エクシーズモンスターは、メインモンスターゾーンにも特殊召喚できる。

※なお、エクストラモンスターゾーンに出すことも可能。

という感じにルール変更されます。

 

次の項目から、このルール改訂による影響やこれからどうなっていくのかを管理人なりに考察してみましたので、読んでいただけるとありがたいです。

 

【スポンサードリンク】

 

 

融合・シンクロ・エクシーズモンスターにとっては絶好の好機!

遊戯王OCG コズミック・ブレイザー・ドラゴン パラレル仕様シークレットレア 20AP-JP051-P+SE 遊☆戯☆王ARC-V [20th ANNIVERSARY PACK 2nd WAVE]

これまでは、融合、シンクロ、エクシーズモンスターを2体以上並べるには、リンクモンスターを出して、リンクマーカー先を解放していくしかありませんでした。

 

つまり、これらのモンスターを出すギミックに、さらにリンクモンスターを出す展開をプラスして考える必要がありました。

 

しかし、2020年4月からの改訂されるルールの下では、融合・シンクロ・エクシーズモンスターは、メインモンスターゾーンに出すことができるので、リンクモンスターを出す過程をまるごと省略することができます。

 

改訂の闇!ペンデュラムモンスターについては変わらず!!

遊戯王カード オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン(20th シークレットレア) 20th ANNIVERSARY DUELIST BOX(20TH) | ペンデュラム 闇属性 ドラゴン族

光もあれば、闇もあるのがこの世の道理。

融合・シンクロ・エクシーズモンスターは、メインモンスターゾーンに出せる一方で、EXデッキから出てくる表側のペンデュラムモンスターに関しては、現状のままです。

 

つまり、エクストラモンスターゾーンか、リンクモンスターのリンクマーカー先に、ペンデュラム召喚をすることになります。

 

ペンデュラムモンスターが現状のままなのは、やはり9期に頻繁に見られた、ペンデュラム召喚からの大量展開が原因かと...。

 

ただ、近年ではペンデュラム召喚に頼らないテーマもあるので、そういうデッキでは、逆に融合・シンクロ・エクシーズモンスターを取り入れて、ルールの変化に対応することもできるでしょう。

 

事実上、エクストラリンクが不可能に!?

遊戯王カード 黒衣之詔刀師 エクストラシークレットレア EXTRA PACK 2019 EP19 | コクイノノリトシ リンク・効果モンスター 闇属性 魔法使い族

全てのリンクモンスターが相互リンクで繋がっている時にのみ、もう1つのエクストラモンスターゾーンに、リンクモンスターを出せて、事実上、相手のEXデッキからの特殊召喚を封じるエクストラリンクですが...

 

ルール改訂により、エクストラリンクを決めても、相手のメインモンスターゾーンまで干渉できないので、リンク対リンクのデッキでない限りは、これからはあまり意味をなさない形になりそうです。

 

エクストラリンクに関しては、9期の反省からリンクモンスターが生まれたはずなのに、おかしな部分だと思ってたので、事実上、不可能になったのは良かったかなと。

 


〈エクストラリンクの定義〉
※パーフェクトルールブック2017 より引用

●2つのエクストラモンスターゾーンに存在するリンクモンスターが、メインモンスターゾーンに存在するリンクモンスターを通じて全て相互リンクでつながっている状態をエクストラリンクと呼ぶ。

 

●自分が一方のエクストラモンスターゾーンを使用しており、エクストラリンクとなる場合にのみ、もう一方のエクストラモンスターゾーンにもリンクモンスターを特殊召喚できる。

 

リンクモンスターが取捨選択される時代へ??

遊戯王/水晶機巧-ハリファイバー(シークレットレア)/LINK VRAINS PACK

これまでは、リンクモンスターありきの融合・シンクロ・エクシーズでしたが、これからは、リンクモンスターを経由することがなくなるので、それらのデッキでは、EXデッキ内のリンクモンスター枠が減ることが予想されます。

 

ただ、リンクモンスターの中には、各種の召喚法をサポートする効果を持つモンスターも少なからずいるので、ルール改訂後も使われる可能性はありますし、新たに登場することも考えられます。

 

現状では、「水晶機巧―ハリファイバー」や「捕食植物ヴェルテ・アナコンダ」、「クロシープ」がその代表例でしょうね。

 

それから「ヴァレルソード・ドラゴン」のようなデュエルを決めることができるリンクモンスターや汎用的な効果を持つリンクモンスターは引き続き、使われそうになるのかなと。

 

なお、融合デッキやシンクロデッキでは、融合素材や融合カードのどちらかが来なかったり、レベルが合わず、対応するシンクロモンスターがすでにいないなどを避けるために、最小限のリンクモンスターを用意するぐらいはあるかもしれないですね。


いずれにしても、ペンデュラムやリンクがメインのデッキ以外では、EXデッキ内のリンクモンスターは取捨選択されることになりそうです。

 

【スポンサードリンク】

 

 

最後に

2020年4月に改訂される新マスタールールについて、見てきましたが、いかがでしたでしょうか?

 

ルール改訂により、融合・シンクロ・エクシーズを使うデッキでは、リンクがいらなくなった分、動きがスムーズになる一方で、妨害系のモンスターが2体以上並ぶという状況は、変わりそうにないですね。

 

そうなると「増殖するG」や「原始生命態ニビル」、「ノーマテリア」などの特殊召喚に対するメタ効果を持つモンスターの重要性がますます高まりそうですね。

 

果たして、11期は、融合・シンクロ・エクシーズが主流になる時代なのでしょうか?

 

ではこのあたりで終わりたいと思います。

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました!