遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「イグニッション・アサルト」のおすすめカード10選!

 遊戯王OCG デュエルモンスターズ IGNITION ASSAULT BOX

どうも、ハイロンです。

今回は、10月12日発売の「IGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)」の中から、回収しておきたいおすすめのカードを紹介したいと思います。

 

今回のパックのカードリストを見ると、全ての召喚法を操る「@イグニスター」、三国志が元ネタの「戦華」、岩石族儀式テーマの「メガリス」、地・機械族のシンクロテーマの「カラクリ」をはじめとする過去のテーマが強化されるパックとなっていますね。

 

いつも通りに紹介したいと思います。

【ウルトラ編】

ライトドラゴン@イグニスター

f:id:hairon36:20191005172252j:image
星4 光 サイバース族/エクシーズ 2300/1500 
レベル4モンスター×2
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。自分フィールドの「@イグニスター」モンスターの数まで、相手フィールドの表側表示モンスターを選んで破壊する。
②:このカード以外の自分のサイバース族モンスターが相手に戦闘ダメージを与えた時に発動できる。自分の墓地からリンクモンスター1体を選んで特殊召喚する。
③:自分フィールドのモンスターが効果で破壊される場合、代わりのこのカードのX素材を1つ取り除く事ができる。
☆オススメポイント☆
攻めのモンスター除去効果と自分のモンスターを効果破壊から守りの効果を併せ持つランク4のモンスターです。
 
モンスター除去についてもう少し補足しておくと、「ライトドラゴン@イグニスター」自身も含めることができるので、最低でも1体はモンスターを破壊できますし、効果処理時に破壊するモンスターを選ぶので、対象を取る効果に耐性を持つモンスターも除去できるところがポイントになります。
 
②の効果は、サイバース族をデッキに採用している場合に使える効果で、戦闘ダメージを与えて、リンクモンスターを墓地から蘇生したいところです。

機巧蹄-天迦久御雷

機巧蹄?天迦久御雷 ウルトラレア 遊戯王 イグニッション・アサルト igas-jp024

星9/炎属性/機械族/攻2750/守2750
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:EXモンスターゾーンにモンスターが存在する場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:EXモンスターゾーンの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。その表側表示モンスターを装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。
③:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した時に発動できる。このカードに装備された自分のモンスターカード1枚を選んで特殊召喚する。

 ☆オススメポイント☆

まずは、お手軽に特殊召喚できるのがポイントで、『EXモンスターゾーンにモンスターが存在する場合』という場面は多く、自分・相手を問わないのもいいですね。
 
②と③の効果をまとめると、EXモンスターゾーンの表側表示モンスター限定ですが、装備化することを経由して、コントロール奪取しているようなもので、効果が完結してますね。
 
なお、②の効果も自分・相手を問わないので、EXモンスターゾーンを空ける必要がある時に、自分のモンスターを装備してもいいかもしれないですね。
(③の効果で戻ってきますし…)
 
レベル9なので、「王(ジェネレイド)」や「ゴッドフェニックス・ギア・フリード」と手を組むのもよさそうです。
 
【スーパー編】

雙極の破械神

f:id:hairon36:20191011124653j:image
星8/闇属性/悪魔族/攻3000/守1500
自分は「雙極の破械神」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。
②:このカードが特殊召喚に成功した場合、手札を1枚捨てて発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで破壊する。
③:フィールドのこのカードが破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。このカードを墓地から特殊召喚する。この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に持ち主のデッキの一番下に戻る。

☆オススメポイント☆

やはり自分フィールドのカードが、破壊された時の保険になる点でしょう。
自分・相手を問わないのもポイントで、②の効果によって破壊返しということもできますね。

 

さらに、自身が破壊されたなら、エンドフェイズ時に戻ってくるという、自己再生持ちのモンスターにもなる、3000打点なので、総合的に見ても優秀なモンスターと言えそうですね。

 ウィンドペガサス@イグニスター

f:id:hairon36:20191005172200j:image

星7 風 サイバース族/シンクロ 2300/1500
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。自分フィールドの「@イグニスター」モンスターの数まで、相手フィールドの魔法・罠カードを選んで破壊する。
②:このカードがフィールド・墓地に存在する状態で、このカード以外の自分フィールドのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合、このカードを除外し、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主のデッキに戻す。
☆オススメポイント☆
2種類の除去効果を持っているレベル7シンクロモンスターで、①の効果では、自身も含むことができるので、最低でも1枚は魔法・罠カードの除去ができます。
 
②の効果は、なるべく「ウィンドペガサス@イグニスター」が墓地へ落ちているタイミングで使いたいところですが、相手のカード1枚を対象にとって、デッキバウンスするので、除去方法としては上位になります。
 
「轟雷帝ザボルグ」や「おろかな重葬」などで送っておいて、相手の戦闘・効果破壊に備えておくのもいいですね。

 

崔嵬の地霊使いアウス

f:id:hairon36:20191005172212j:image

地 魔法使い族/リンク 1850 
地属性モンスターを含むモンスター2体
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:相手の墓地の地属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
②:リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。デッキから守備力1500以下の地属性モンスター1体を手札に加える。
【LINK-2:左下/右下】
☆オススメポイント☆
戦闘・効果破壊されると、デッキから守備力1500以下の地属性モンスターをサーチできる点で、リンク素材指定からもわかるかもしれませんが、地属性デッキで活躍できるリンク2のモンスターになります。
 
なお①の効果は、地属性メタ効果になっていて、相手のデッキが地属性デッキならばリンク先に特殊召喚できるので、蘇生してリンク3以上に繋げるということもできます。
 

九字切りの呪符

f:id:hairon36:20191011124753j:image
通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、レベル9モンスター1体を墓地へ送って発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

☆オススメポイント☆

レベル9を使うデッキでは、ドローソースになるのがポイントで、手札・フィールドを問わないので、場面に応じて柔軟に対応できます。

レベル9が多い「王(ジェネレイド)」では、サポートカードとして活躍できますね。

 

ライトニング・ストーム

f:id:hairon36:20191010191303j:image

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分フィールドに表側表示のカードが存在しない場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊する。
●相手フィールドの魔法・罠カードを全て破壊する。

☆オススメポイント☆

発動できる条件はあるものの、やっぱり攻撃表示限定の「サンダー・ボルト」か、「ハーピィの羽根帚」を選べる汎用魔法という点が見逃せないですね。

 

発動条件と言っても、『自分フィールドに表側表示のカードが存在しない場合』なので、後攻の時や相手の全体除去を受けた時などであれば普通に使えますし、自分フィールドのカードが全て裏側の状況であれば、面白いですね。

 

【レア編】

アームズ・コール

f:id:hairon36:20191011124806j:image
通常罠
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから装備魔法カード1枚を手札に加える。その後、そのカードを装備可能な自分フィールドのモンスター1体を選び、そのモンスターに装備できる。

☆オススメポイント☆

相手ターンで発動するのがベストで、装備する装備魔法カード次第ではコンバットトリックが狙える罠カードです。

 

装備する装備魔法の例ですが、「月鏡の盾」を装備すれば、戦闘では負けないモンスターを作れますし、自分のライフが下回っていたら「巨大化」を装備して、カウンターを狙うのもありですね。

 

罠カードという遅さを活かしたカードと言えますが、一度手札に加えるので「灰流うらら」には注意が必要です。

【ノーマル編】

クロシープ

クロシープ ノーマル 遊戯王 イグニッション・アサルト igas-jp047

地 獣族/リンク 700 
カード名が異なるモンスター2体
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードのリンク先にモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。このカードのリンク先のモンスターの種類によって以下の効果を適応する。
●儀式:自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を2枚選んで捨てる。
●融合:自分の墓地からレベル4以下のモンスター1体を選んで特殊召喚する。
●シンクロ:自分フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700アップする。
●エクシーズ:相手フィールドの全てのモンスターの攻撃力は700ダウンする。
【LINK-2:左下/右下】
☆オススメポイント☆
リンク+αのエクストラデッキからの特殊召喚方法を使うデッキのリンクモンスターとして、最適なリンクモンスターと言える点でしょう。
 
効果的には、リンク先に儀式モンスターや融合モンスターがいる状態でのモンスターの特殊召喚を狙いたいところですが、シンクロやエクシーズの方はステータスに関わる効果で、範囲も広いので、戦闘補助にはなります。
 
このカードを出した後に、「簡易融合」を発動するという使い方がベターな気がします。

 

Ai打ち

f:id:hairon36:20191011124821j:image
速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分と相手のモンスター同士が戦闘を行うダメージ計算時に発動できる。その自分のモンスターの攻撃力はそのダメージ計算時のみ、その相手モンスターの攻撃力と同じになり、そのダメージステップ終了時にその戦闘で破壊されたモンスターのコントローラーはその元々の攻撃力分のダメージを受ける。
②:自分の「@イグニスター」モンスターが戦闘で破壊される場合、代わりに墓地のこのカードを除外できる。
☆オススメポイント☆ 
自分のモンスターの攻撃力を戦闘する相手モンスターと同じ攻撃力にするという速攻魔法で、名前の通りの相打ちに持っていきます。
 
さらに、戦闘破壊されたモンスターのコントローラーには、ダメージステップ終了時に、破壊されたモンスターのその元々の攻撃力分のダメージを受けることになるので、昔のエラッタされる前の「破壊輪」のような状況が再来するかもしれないですね。
 
戦闘破壊されない効果を持つモンスターとは、相性の良いカードになります。
 

最後に

「IGNITION ASSAULT(イグニッション・アサルト)」から回収しておきたいカードを挙げてみましたが、いかがでしたでしょうか?
 
上記のカード以外にも、上昇値としては高い装備魔法の「脆刃の剣」や、メタ性能のある「キャッチ・コピー」、「相視相殺」と言ったカードだったり、アンデット族であれば「ジャック・ア・ボーラン」、「ライトロード」や「隣の芝刈り」のような墓地肥やしをするデッキでは「使い捨て学習装置」のようなカードも、チェックしておきたいところです。

ぜひ、箱買いやパック買い、シングル買いの参考にしてみてくださいね~。
 
では、このあたりで終わりたいと思います。
最後まで読んでいただきありがとうございました!