Mi☆Light(ミライト)

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【相互RSS】

「ストラクチャーデッキR -ウォリアーズ・ストライク-」のおすすめカード8選!

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキR -ウォリアーズ・ストライク-

どうも、ハイロンです。
今回は、明日(9月28日)発売の「STRUCTURE DECK R -ウォリアーズ・ストライク-」の中から、回収しておきたいおすすめのカードを紹介したいと思います。

 

今回のストラクRは、過去の「ストラクチャーデッキ-ウォリアーズ・ストライク-」のリメイクということで、デュアルモンスターや炎属性・戦士族、装備魔法関連が多いものとなっています。

 

では、紹介したいと思います。

【新規カード編】

ゴッドフェニックス・ギア・フリード

f:id:hairon36:20190925003024j:image

星9 炎 戦士族 3000/2200 

このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分のフィールド・墓地から装備魔法カード1枚を除外して発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

②:このカードが攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。このカード以外のフィールドの表側表示モンスター1体を選び、攻撃力500アップの装備カード扱いとしてこのカードに装備する(1体のみ装備可能)。

③:モンスターの効果が発動した時、自分フィールドの表側表示の装備カード1枚を墓地へ送って発動できる。その発動を無効にし破壊する。

☆オススメポイント☆

やはり、装備魔法1枚を除外して特殊召喚できるお手軽さでしょう。

自分のフィールドだけでなく、墓地の装備魔法を除外できるのは心強いです。

なお、「サウザンド・アイズ・サクリファイス」などで装備化したモンスターも装備魔法として扱われるので、このカードのコストにできますね。

 

しかもそれだけでなく、戦闘を介しますが、装備化する形での除去(しかも対象を取らない)や自分の表側の装備カード1枚を墓地へ送ることで、モンスターの効果の発動を無効にし破壊するカウンター効果も…。

 

まさに、ゴッドの名にふさわしい効果で、総合的に見ても強いモンスターになります。

 

 

焔聖騎士-ローラン

f:id:hairon36:20190925003126j:image

星1 炎 戦士族 500/500

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。このカードを手札から攻撃力500アップの装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備する。この効果は相手ターンでも発動できる。

②:このカードが墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「焔聖騎士-ローラン」以外の戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚を手札に加える。

☆オススメポイント☆

自分フィールドのモンスターであれば何でもよく、相手ターンでも手札から装備できるので、コンバットトリックとして使える点でしょう。(攻撃力の上昇値は低いですが。)

 

それから、このカードが墓地へ送られると、戦士族・炎属性モンスター1体または装備魔法カード1枚をサーチできる効果があるので、それらのカードがキーになるデッキならば、採用が検討できるモンスターにもなります。

ただ、墓地へ送られたターンのエンドフェイズになるので、手札に加えるタイミングとしては少し遅くなります。

 

さりげなく、「聖騎士」と付くモンスターになるので、そちらのデッキのも入れることができます。

 

 

クロス・オーバー

f:id:hairon36:20190925003241j:image

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:相手フィールドの表側表示モンスター1体と自分フィールドの戦士族モンスター1体を対象として発動できる。その相手の表側表示モンスターを装備カード扱いとしてその自分のモンスターに装備し、ターン終了時までその自分のモンスターの戦闘で発生する相手への戦闘ダメージは0になる。

装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合、代わりにこのカードの効果で装備したモンスターを破壊する。

☆オススメポイント☆

「クロス・オーバー」は、戦士族デッキの新たなサポート(除去)カードになりそうです。

 

自分フィールドに戦士族が必要になってくるものの、相手モンスターを装備化して除去するので、 戦闘・効果破壊に耐性を持っているモンスターには強い除去になります。

ただし、発動時に対象を取るので、そちらの耐性を持っているモンスターには無力になります。

なお、装備化したモンスターは、装備モンスターが戦闘・効果で破壊される場合に身代わりとして使えるので、いざという時の保険になります。

 

 

デュアル・アブレーション

※No image

永続罠

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分・相手のメインフェイズに、手札を1枚捨て、以下の効果から1つを選択して発動できる。

●デッキからデュアルモンスター1体を特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはもう1度召喚された状態として扱う。

●自分フィールドのデュアルモンスター1体をリリースし、手札・デッキから戦士族・炎属性モンスター1体を特殊召喚する。もう1度召喚された状態のデュアルモンスターをリリースした場合、さらにフィールドのカード1枚を選んで破壊できる。

 ☆オススメポイント☆

手札コスト1枚で、もう1度召喚された状態のデュアルモンスターが特殊召喚できる点でしょう。

永続罠ですが、自分のターンで発動できれば、すぐにデュアルモンスターの効果を使うこともできます。

 

もう片方のデュアルモンスター1体をリリースする効果も、相手の除去に合わせて発動するとサクリファイスエスケープになったり、効果を使い終わったデュアルモンスターをリリースするといいでしょう。

さらに、もう1度召喚された状態のデュアルモンスターをリリースした場合には、フィールドのカード1枚を破壊できるというオマケも付きますが、手札コスト1枚失っているので、それの損失を取り戻すためにもこの効果まで使いたいですね。

 

いずれにしてもデュアルデッキにとっては、心強いサポートカードとなりそうです。

 

 

【再録カード編】 

妖精伝姫-シンデレラ

f:id:hairon36:20190925003528j:image

星4/光属性/魔法使い族/攻1850/守1000
①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、お互いにこのカード以外のフィールドのモンスターを魔法カードの効果の対象にできない。

②:1ターンに1度、手札から魔法カード1枚を捨てて発動できる。自分の手札・デッキ・墓地から装備魔法カード1枚を選んでこのカードに装備する。その装備魔法カードはエンドフェイズに持ち主の手札に戻る。

☆オススメポイント☆

実質的に、手札の魔法を装備魔法に変えるモンスターで、手札・デッキ・墓地のあらゆるところからこのカードに装備できるので、効果が腐りにくいですね。

なお、装備した装備カードは、エンドフェイズに手札に戻るため、疑似サーチまたはサルベージになります。

 

さりげなく、魔法カードの対象にならないという①の効果もあるので、そちらもお忘れなく!(管理人も忘れてたw)

 

 

増殖するG

f:id:hairon36:20190925003538j:image

星2/地属性/昆虫族/攻 500/守 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
①:このカードを手札から墓地へ送って発動できる。このターン、以下の効果を適用する。
●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

 ☆オススメポイント☆

再録カードで回収しておきたいカードNo.1じゃないでしょうか?

何も言わなくてもいいかもしれませんが、相手の特殊召喚の抑止力になる手札誘発で、「灰流うらら」とともに、よく採用されている手札誘発でもあります。

 

発動に成功すると、そのターン中、相手の特殊召喚にプレッシャーを与え続けることができます。

今では特殊召喚しないデッキは、ほとんどないと言っても過言ではないので、ドローできるチャンスは非常に多いのですが、確実にワンキル圏内に持っていける状況やデッキに対しては、抑止力にならない場面もあるので、過信し過ぎに注意です。

 

 

妖刀竹光+黄金色の竹光

遊戯王 【3枚】 妖刀竹光 (NR/NECH-JP068)

妖刀竹光

装備魔法

「妖刀竹光」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:装備モンスターの攻撃力は0アップする。
②:このカード以外の自分フィールドの「竹光」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを持ち主の手札に戻し、装備モンスターはこのターン相手に直接攻撃できる。
③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから「妖刀竹光」以外の「竹光」カード1枚を手札に加える。

 

遊戯王 黄金色の竹光 DE02-JP149 ノーマル

黄金色の竹光

通常魔法

①:自分フィールド上に「竹光」と名のついた装備魔法カードが存在する場合に発動できる。デッキからカードを2枚ドローする。

☆オススメポイント☆

通称「竹光」セットと呼ばれるドローセットで、 「竹光」という装備カードがある時に、「黄金色の竹光」によって2枚ドローするドローソースセットになります。

 

基本的に、1枚目の「黄金色の竹光」では、「竹光」装備魔法と「黄金色の竹光」を消費しているため、手札の枚数は増えませんが、2枚目以降から増えていく形になります。

 

ちなみに「竹光」装備魔法は、攻撃力を0アップする=ステータスが変化しないので、場合によっては、相手モンスターに装備していいかもしれないですね。

今回のストラクRに入っている「妖刀竹光」であれば、墓地へ送られた場合に「妖刀竹光」以外の「竹光」カードをサーチできるので、相手モンスターに装備して、戦闘破壊するのもいいかもしれないですね。

 

「竹光」カードには、他にも相手のメインフェイズ1をスキップする「燃え竹光」、相手のドローフェイズをスキップする「魂を吸う竹光」があるので、ロック寄りの構築もできます。

 

 

最後に

回収しておきたいカードを挙げてみましたが、いかがでしたでしょうか?

今回の収録内容は、炎族・戦士族やデュアルモンスター、装備魔法寄りのストラクチャーデッキRになっているので、デッキの強化になるようなカードが少ないかもしれませんが、普通とはちょっと変わった動きをするカードが多いので、そういうカードを求めている人には、新鮮に感じるかもしれないですね。

 

では、このあたりで終わりたいと思います。

 

この記事が、箱買いやパック買い、シングル買いの観点から回収しておきたいカードを知りたい人の参考になっていれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!