遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者-」【今週の1枚】

どうも、ハイロンです!

 

今回は、毎週恒例のコーナーになってきた(?)【今週の1枚】をお届けします。

今週はこのカードを取り上げたいと思います↓

 

遊戯王カード ロード・オブ・ドラゴン?ドラゴンの統制者?(スーパーレア) エクストラパック 2018(EP18) | 効果モンスター 闇属性 魔法使い族 スーパー レア

 

■ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者-/The King of D.

●カードの種類:効果モンスター

●収録パック:EXTRA PACK 2018

●レアリティ:スーパー

星4/闇属性/魔法使い族/攻1200/守1100

①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、カード名を「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」として扱う。

②:このカードが召喚に成功した時、手札から魔法・罠カード1枚を捨てて発動できる。デッキから「ドラゴンを呼ぶ笛」「ドラゴン・目覚めの旋律」「ドラゴン・復活の狂奏」のいずれか1枚を手札に加える。

「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者-」は、召喚成功時に手札の魔法・罠カード1枚をコストに、「ドラゴンを呼ぶ笛」、「ドラゴン・目覚めの旋律」、「ドラゴン・復活の狂奏」のどらか1枚をサーチできるモンスターになります。

 

サーチできるカードの効果ですが…

●ドラゴンを呼ぶ笛・・・手札からドラゴン族モンスターを2体まで特殊召喚

●ドラゴン・目覚めの旋律・・・手札1枚捨てて、攻撃力3000以上守備力2500以下のドラゴン族2体までサーチ。

●ドラゴン・復活の狂奏・・・ドラゴン族の通常モンスターを含む、自分の墓地のドラゴン族モンスターを2体まで特殊召喚

※なお「ドラゴンを呼ぶ笛」は、「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」がいる時に、「ドラゴン・復活の狂奏」は魔法使い族がいる時に発動ができます。

 という効果になっています。

「ドラゴン・目覚めの旋律」をサーチできるのは、少し利点かと。

「ブルーアイズ」のようなモンスターがキーになるデッキでは、「ドラゴン・目覚めの旋律」と合わせると6枚体制になるので、手札に持ってきやすい状態になります。

 

「ドラゴン・復活の狂奏」に関しては、『ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる』というデメリットがありますが、発動した後から適用される効果なので、メインフェイズ2で使うことで、デメリットを踏み倒すことができます。

 

それから「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの統制者-」は、①の永続効果によって、フィールドでは「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」として扱う魔法使い族なので、サーチできるカードの条件を満たすモンスターにもなります。

 

ちなみに、初めてEXで「ロード・オブ・ドラゴン-ドラゴンの支配者-」を手に入れた時に、「ロード・オブ・ドラゴソードラゴンの支配者-」と読んでしまったことは、ここだけの内緒ですよ(笑)

 

ではまた、次回もお楽しみに!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!