遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「魔鍾洞」の次に厄介なフィールド魔法!?「シュトロームベルク金の城」【今週の1枚】

どうも、ハイロンです!

 

今回は、毎週恒例のコーナーになってきた(?)【今週の1枚】をお届けします。

今週はこのカードを取り上げたいと思います↓

 

遊戯王 シュトロームベルクの金の城(スーパーレア) コレクターズパック 2018 CP18-JP010 Collectors Pack 2018

 

■シュトロームベルクの金の城/Golden Castle of Stromberg

●カードの種類:フィールド魔法

●収録パック:COLLECTORS PACK 2018

●レアリティ:スーパー、コレクターズレア

フィールド魔法

このカードのコントローラーは自分スタンバイフェイズ毎にデッキの上からカード10枚を裏側表示で除外する。除外できない場合このカードを破壊する。

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分メインフェイズに発動できる。「シュトロームベルクの金の城」のカード名が記されたモンスター1体をデッキから特殊召喚する。この効果を発動するターン、自分は通常召喚できない。
②:相手モンスターの攻撃宣言時に発動する。その攻撃モンスターを破壊し、その攻撃力の半分のダメージを相手に与える。

「シュトロームベルクの金の城」には、効果外テキストに維持コストとして、自分のスタンバイフェイズにデッキの上から10枚裏側で除外します。

 

一見するとデメリットにしか見えませんが、除外されているカードの数だけ攻撃力が上がる「紅蓮魔獣 ダ・イーザ」や「黄金のホムンクルス」、「破壊竜ガンドラ-ギガ・レイズ」、「No.92 偽骸神龍 Heart-eartH Dragon」であれば、このデメリットを力に変えることができます。

 

①の効果は、いわゆる召喚権を放棄して、デッキから「シュトロームベルクの金の城」のカード名がテキストに記されたモンスター1体を特殊召喚するというものです。

 

この効果で特殊召喚できるモンスターとしては、現状では、

・怪鳥グライフ

・カボチャの馬車

・シンデレラ

・鉄の騎士

・鉄のハンス

・ヘクサ・トルーデ

 の6体となっています。

 

この中では、除去と2回攻撃できる効果を持つ「ヘクサ・トルーデ」筆頭候補になってきます。

除去して、そのまま殴るだけでも普通に強いです。

 

次点としては「鉄のハンス」で、召喚・反転・特殊召喚に成功すれば、デッキから「鉄の騎士」をリクルートできるので、「聖騎士の追想ゾルデ」などのリンク2が出せます。

 

②の効果は、相手モンスターの攻撃宣言時に、その攻撃モンスターを破壊し、その攻撃力の半分のダメージを相手に与えるというもの。

破壊する「魔法の筒」みたいな効果で、しかもこの効果に関しては、ターン1が付いてないので、このカードを破壊するか、効果破壊耐性を持っていない限り突破は難しいものになります。

 

 

というわけで裏側除外、リクルート効果、攻撃をけん制する効果の3つの効果を持っているのが「シュトロームベルク金の城」になります。

個人的には、「魔鍾洞」の次に厄介なフィールド魔法と思っていますよ。

 

ではまた、次回もお楽しみに!

最後まで読んでいただきありがとうございました!!

 

このカードを使ったデッキレシピも添えておきます。

yugioh-minor-labo.hatenablog.com