遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「ストラクチャーデッキ リボルバー」のおすすめカード14選!

遊戯王OCG デュエルモンスターズ ストラクチャーデッキ リボルバー

どうも、ハイロンです!

 

「STRUCTURE DECK  リボルバー」のカードリストが判明したということで、今回は、その中から箱買いやシングル買い等で回収しておきたいおすすめのカードを紹介したいと思います。

 

今回のパックの狙い目のカードを知りたい方や、今回の商品はシングル買いで済ませたい方、初心者の皆様の参考になれば幸いです。

なお、今回はエクストラ強化パックもあるということで、そちらのカードも含めて紹介しています。

 

では各レアリティごとに見ていきましょう!

ウルトラレア部門

ウルトラからは、以下の2枚を選びました。

●トポロジック・ゼロヴォロス

●ヴァレルロード・F・ドラゴン

トポロジック・ゼロヴォロス

f:id:hairon36:20190619144606j:image

闇 サイバース族/リンク 3000
効果モンスター2体以上
自分はこのカードのリンク先となるEXモンスターゾーンにモンスターを出せない。

①:このカードの攻撃力は除外されているカードの数×200アップする。

②:このカードが既にモンスターゾーンに存在する状態で、このカード以外のモンスターがリンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合に発動する。フィールドのカードを全て除外する。

③:このカードが自身の効果で除外された場合、次のターンのスタンバイフェイズに発動する。除外されているこのカードを特殊召喚する。
【LINK-4:左上/右上/左下/右下】

除外に関する効果を持つ新しい「トポロジック」系リンクモンスターです。 

リンクモンスターのリンク先に特殊召喚された場合には、対象を取らず、フィールドのカードを全て除外するので、除去能力は高めです。

しかも、自身の効果で除外された場合は、帰還してくるという…。

さらに、「攻撃力は除外されているカードの数×200アップ」するので、除外したカードがそのまま「トポロジック・ゼロヴォロス」の力に。

 

なお除外されているカードは、表裏を問わないので、裏側で除外する「強欲で貪欲な壺」などとも相性が良いですね。

 

ヴァレルロード・F・ドラゴン

f:id:hairon36:20190619144629j:image

星8 闇 ドラゴン族/融合 3000/2500
ドラゴン族・闇属性モンスター×2
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドのモンスター1体と相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。この効果は相手ターンでも発動できる。

②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の闇属性のリンクモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターは、このターン効果を発動できない。

「ヴァレルロード・F・ドラゴン」の融合素材指定は「ドラゴン族・闇属性モンスター2体」ですが、ドラゴン族であれば闇属性である守護竜リンクモンスターになれるので、比較的出しやすいモンスターかと思います。

 

①の効果は破壊効果で、自分はモンスター、相手はフィールドのカードを対象にするのが特徴で、相手ターンでも発動が可能な効果になっています。

 

②の効果は、自分の墓地の闇属性のリンクモンスター1体を蘇生する効果です。

特殊召喚したモンスターはそのターンこそ効果を発動できませんが、次のターンからは問題なく発動できるので、相手ターンでも発動できる効果を持つ闇属性リンクモンスターを蘇生したいところです。

 

墓地へ送られたターンでもすぐに使えるので、①の効果でこのカードを対象に破壊して、②に繋げるのもいいですし、「おろかな重葬」で墓地へ送っておくという使い方もできそうです。

 

スーパーレア部門

スーパーからは、以下の2枚を選びました。

●シルバーヴァレット・ドラゴン

●ヴァレット・トレーサー

シルバーヴァレット・ドラゴン

f:id:hairon36:20190620130614j:image

星4 闇 ドラゴン族 1900/100
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:フィールドのこのカードを対象とするリンクモンスターの効果が発動した時に発動できる。このカードを破壊する。その後、相手のEXデッキを確認し、その内の1枚を選んで除外する。

②:フィールドのこのカードが戦闘・効果で破壊され墓地へ送られたターンのエンドフェイズに発動できる。デッキから「シルバーヴァレット・ドラゴン」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。

新規の「シルバーヴァレット・ドラゴン」は、リンクモンスターの効果の発動の対象になった時の効果として、相手のEXデッキに干渉するを効果を持っています。

 

先行を取って、相手のEXデッキからどういうデッキかを推測しつつ、重要なモンスターを除外して試合を有利に持っていきたいところです。

 

ただ、「強欲で金満な壺」を採用しているようなタイプのデッキもあるので、油断はできませんが、制限になっているカードや切り札級のモンスターを狙えば、相手にとっては死活問題になりそうですね。

ヴァレット・トレーサー

f:id:hairon36:20190620130936j:image

星4 闇 ドラゴン族/チューナー 1600/1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊し、デッキから「ヴァレット・トレーサー」以外の「ヴァレット」モンスター1体を特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は闇属性モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。この効果は相手ターンでも発動できる。

「ヴァレット」デッキでは必須級のカードでもありますが、それ以外のデッキでも破壊したい表側のカードがある場合には、考えてみたいです。

「ヴァレット・トレーサー」の効果は、相手ターンでも発動できる点がポイントで、破壊された場合に効果を発動できるカードを破壊しつつ、「ヴァレット」モンスターを呼び出したいですね。

 

ただし、デッキ内に「ヴァレット」モンスターがいないと発動できないので、ある程度の「ヴァレット」モンスターを採用する必要がありますが、このカードとともに「ヴァレット」を出張ができるかもしれないですね。

 

ノーマルパラレル部門

ノーマルパラレルからは、以下の3枚を選びました。

●ラピッド・トリガー

●ヴァレルロード・ドラゴン

●スリーバーストショット・ドラゴン

ラピッド・トリガー 

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:融合モンスターカードによって決められた自分フィールドの融合素材モンスターを破壊し、その融合モンスター1体をEXデッキから融合召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはEXデッキから特殊召喚されたモンスターしか攻撃できず、EXデッキから特殊召喚された他のモンスターが発動した効果を受けない。

自分フィールドのモンスターしか融合素材にできない融合カードですが、今までと違うのは、融合素材モンスターを破壊して融合召喚する部分で、これにより融合モンスターを出しながら、「ヴァレット」モンスターなどの破壊された場合に発動する効果が使えます。

 

ただ、この効果で特殊召喚したモンスターはEXデッキから特殊召喚されたモンスターしか攻撃できなくなる点に注意が必要ですが、その一方で『EXデッキから特殊召喚された他のモンスターが発動した効果を受けない。』というメリットもあるので、一長一短と言ったところです。

 

なお、融合先の指定もなく、速攻魔法なので、相手ターン中に融合召喚をしたいという場合には、「死魂融合」とともに、これからはこのカードも候補に挙がってきそうです。

 

そしてデッキ強化パックからは、「ヴァレルロード・ドラゴン」と「スリーバーストショット・ドラゴン」を選びました。

どちらも汎用的なリンクモンスターで、持っていなかった人にとっては、嬉しい再録かと思います。

 

ノーマル部門

ノーマルカードからは、この7枚を選んでみました。

ゲートウェイ・ドラゴン

●竜魔導の守護者

●クイック・リボルブ

●復活の福音

●ツインツイスター

●レッド・リブート

●王宮の勅命

再録カードについては、汎用カードが入っているので、ある意味「第2のスターターデッキ」と呼べるかもしれないですね。

 

その中でも、魔法・罠カードを除去できる「ツインツイスター」、罠カードを止めることができる「レッド・リブート」、魔法カードを無効にする「王宮の勅命」あたりはこの機会に確実に手に入れておきたいところです。

 

今回のストラクチャーデッキはドラゴン族のテーマということで、ドラゴン族関連の再録も熱く、まず「ヴァレット」版の「緊急テレポート」である「クイック・リボルブ」の再録によって、「ヴァレット」出張が手軽にできそうですね。

 

「ヴァレット」には今回の新規も合わせると、レベル1・4のチューナーがいたり、レベル1~4とレベル7の非チューナーがいたりするので、シンクロやエクシーズを使うデッキなどでも重宝するかもしれません。

 

闇属性・レベル4以下のドラゴン族モンスターを採用しているならば「ゲートウェイ・ドラゴン」と言ったカードや、レベル7・レベル8のドラゴン族がメインならば、「復活の福音」も見逃せません。

 

融合使いの方には、「竜魔導の守護者」の再録はチェックしておいてほしいところです。さりげなくVジャンプの付録だったカードで、召喚・特殊召喚成功時には、手札コスト1枚で「融合」や「フュージョン」通常魔法をサーチできるので、融合召喚サポートとして優秀です。

 

最後に

「STRUCTURE DECK  リボルバー」に収録されているカードの中から、箱買いやシングル買い等で回収しておきたいカードを選んでみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

回収しておきたいカードをまとめると、

新規カードでは、

●トポロジック・ゼロヴォロス

●ヴァレルロード・F・ドラゴン

●シルバーヴァレット・ドラゴン

●ヴァレット・トレーサー

●ラピッド・トリガー

の5枚になります。

 

再録カードでは、

●ヴァレルロード・ドラゴン

●スリーバーストショット・ドラゴン

ゲートウェイ・ドラゴン

●竜魔導の守護者

●クイック・リボルブ

●復活の福音

●ツインツイスター

●レッド・リブート

●王宮の勅命

の9枚がオススメですので、気になるカードがあれば回収してみてくださいね。

 

では、これで「STRUCTURE DECK  リボルバー」のおすすめカードの紹介を終わりたいと思います。

 

このストラクチャーデッキを使って、「ヴァレット」デッキを作ってみましたので、もしよろしければ見ていただければと思います。

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

最後まで読んでいただきありがとうございました!