Mi☆Light(ミライト)

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【相互RSS】

【遊戯王テーマ考察】幻竜族の新たなるテーマ!「天威」を考察!!【RISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)】

今回は、いよいよ発売日が近づいてきた「RISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)」から、新たに登場する「天威」をテーマ考察として取り上げたいと思います。

「天威」とは

f:id:hairon36:20190404190004j:image

「RISING RAMPAGE(ライジング・ランペイジ)」で登場する幻竜族テーマで、メインデッキに入るモンスターは、以下の効果が共通する部分となります。

 このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

②:自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが、ある条件を満たした場合に、手札・墓地のこのカード(=自身)を除外することで、発動できる効果。

それぞれの効果について、項目にわけて見ていきたいと思います。

「天威」モンスターの1番目の効果について

1番目は、よくある手札から特殊召喚できる効果です。

ただ、ポイントになるのは『自分フィールドに効果モンスターが存在しない場合』という部分で、このテキストの一文から特殊召喚できる状況としては…

●自分フィールドにモンスターが1体もいない状況

●効果を持たないモンスターしかいない状況

の2つになりそうです。

 

「自分フィールドにモンスターが1体もいない状況」については、説明が不要かもしれませんが、序盤や初動で自分の場に何もない時や、相手の除去などによって場をがら空きにされた場合が該当します。

 

「効果を持たないモンスターしかいない状況」ですが、こちらは通常モンスター(通称:バニラ)や効果を持たない儀式・融合・シンクロ・エクシーズ・リンクモンスターだけという場合が該当します。

 

あとは、少し特殊になりますが、トークンや通常モンスターとして扱う罠モンスター、再度召喚する前のデュアルモンスターが並んでいる場合でも特殊召喚できそうですね。

 

「天威」モンスターの2番目の効果について

2番目の効果は、「自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターがある条件を満たした場合に、手札・墓地の自身を除外することで、発動できる効果」でしたね。

 

この効果については、一覧にしてまとめてみました。

▼天威龍-アーダラ

効果モンスター以外の自分の表側表示モンスターが存在する場合

→このカード以外の除外されている自分の幻竜族モンスター1体を手札に加える。

▼天威龍-シュターナ

効果モンスター以外の自分の表側表示モンスターが戦闘・効果で破壊された場合

→破壊されたモンスター1体を特殊召喚する。その後、相手フィールドのモンスター1体を選んで破壊できる。

▼天威龍-マニラ

効果モンスター以外の自分の表側表示モンスターを対象とする相手の魔法・罠・モンスターの効果が発動した時

→その発動を無効にし破壊する。

▼天威龍-ナハタ

効果モンスター以外の自分のモンスターが相手の表側表示モンスターと戦闘を行う攻撃宣言時

→その相手モンスターの攻撃力はターン終了時まで1500ダウンする。

▼天威龍-ヴィシュダ

効果モンスター以外の自分の表側表示モンスターが存在する場合

→相手フィールドのカード1枚を持ち主の手札に戻す。

現時点では、この5体になります。

この中では、「天威龍-ヴィシュダ」が一番使いやすい効果となっていて、1番目の効果で挙げたようなモンスターを採用しているどのようなタイプのデッキにでも、出張できそうなモンスターになりますね。

 

その他の「天威」モンスターと見ていくと、

「天威龍-アーダラ」や「天威龍-ナハタ」は、こちらから仕掛けることができる効果の一方で、「天威龍-シュターナ」や「天威龍-マニラ」は、守り寄りの効果と言えそうです。

 

天威リンクモンスター

天威の拳僧

f:id:hairon36:20190404190041j:image

地 幻竜族/リンク 1000
リンクモンスター以外の「天威」モンスター1体
【LINK-1:下】

天威の鬼神

f:id:hairon36:20190404190136j:image

闇 幻竜族/リンク 3000
リンクモンスターを含むモンスター2体以上
【LINK-3:上/右上/右下】

「天威」リンクモンスターですが、メインデッキに入る「天威」モンスター効果が、効果モンスターがいないことを前提としているため、「天威」のリンク1とリンク3に関しては、効果を持たないリンクモンスターになっています。

 

なお、リンク2の「天威の龍仙女」だけは、効果を持っています。

天威の龍仙女

f:id:hairon36:20190404190115j:plain

炎 幻竜族/リンク 1600
竜族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:手札を1枚捨て、自分の墓地の幻竜族モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。この効果の発動後、ターン終了時まで自分は「天威」モンスター以外のEXデッキから特殊召喚されたフィールドのモンスターの効果を発動できない。
②:効果モンスター以外の自分の表側表示モンスターが戦闘を行う攻撃宣言時に、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを破壊する。
【LINK-2:左下/右下】

「天威の龍仙女」は、手札を1枚捨てると、墓地から幻竜族を蘇生できる効果を持ってます。

なお、この効果を発動した後は、誓約型のデメリット効果を受けてしまいます。

しかし、そのデメリット効果は、『「天威」以外のEXデッキから特殊召喚されたフィールドのモンスターの効果を発動できない』だけで、特殊召喚自体はできるので、その点を頭の片隅に置いておくといいでしょう。 

(類似例としては、「クリッター」達と同じような感じですね。)

 

2番目の効果は、効果モンスター以外の自分モンスターの攻撃宣言時に、相手のカードを1枚破壊するカード除去効果です。

攻撃宣言時(バトルステップ)での除去になるため、攻撃対象にしていたモンスターを破壊すると巻き戻しが発生します。

 

効果モンスター以外のモンスターをサポート効果としても優秀なので、取り入れていきたいですが、このカードのリンク素材指定が「幻竜族モンスター2体」なので、「天威」モンスターなどの幻竜族を出張させたいところです。

 

天威サポートカード

「天威」サポートカードは、フィールド魔法、通常魔法、カウンター罠の3種類になります。

天威無崩の地

f:id:hairon36:20190405134007j:image

フィールド魔法
①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、効果モンスター以外のフィールドの表側表示モンスターは、モンスターの効果を受けない。

②:1ターンに1度、自分フィールドに効果モンスター以外のモンスターが存在し、相手が効果モンスターを特殊召喚した場合に発動できる。自分はデッキから2枚ドローする。

効果モンスター以外のモンスターにとっては、新たなサポートカードが登場したと言えそうで、耐性を付与する効果とドロー効果を持っています。

 

耐性を付与する効果ですが、効果モンスター以外のモンスターに対して、『モンスターの効果を受けない。』という耐性がつきますので、このカードを発動していれば、バニラモンスターなどに、モンスター効果による除去耐性がつくことになります。

 

ただ、相手の場にいる効果モンスター以外のモンスターにもついてしまうので、トークンなどがいる場合には注意が必要です。

 

「天威無崩の地」のドロー効果ですが、ターン1制限の1回切りで、自分フィールドに効果モンスター以外のモンスターが必要になってくるものの、相手が効果モンスターを特殊召喚した場合に2枚ドローできるのは、旨味がありそうです。

(「増殖するG」と似たような効果ですね。)

虚ろなる龍輪

f:id:hairon36:20190405134048j:image

通常魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:デッキから幻竜族モンスター1体を墓地へ送る。自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在する場合、さらに墓地へ送ったそのモンスターとはカード名が異なる「天威」モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。

竜族限定の「おろかな埋葬」とも言うべき魔法カード。

さらに、自分フィールドに効果モンスター以外の表側モンスターが存在すれば、墓地へ送ったそのモンスターとカード名が異なる「天威」モンスターをサーチできます。

 

今のところ、積極的に墓地へ送っておきたい幻竜族は「天威」ぐらいしかないのですが、いずれ蘇生効果持ち幻竜族モンスターが出れば。

「天威の龍仙女」の蘇生効果とは相性が良さそうですね。

 

天威無双の拳

カウンター罠
①:自分フィールドに効果モンスター以外の表側表示モンスターが存在し、モンスターの効果・魔法・罠カードが発動した時に発動できる。その発動を無効にする。

②:セットされたこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。EXデッキから効果モンスター以外のモンスター1体を特殊召喚する。

 「天威無双の拳」は、自分フィールドに効果モンスター以外の表側モンスターが必要となってきますが、モンスターの効果・魔法・罠カードの発動を無効するカウンター罠カードです。

さらにセットされたこのカードが相手の効果で破壊されると、EXデッキから効果モンスター以外のモンスター1体を特殊召喚できる「やぶ蛇」内蔵のカードでもあります。

 

似たようなカードとして「王者の看破」がありますが、こちらの方が発動条件がゆるく、2番目の効果もあるため、これからは「天威無双の拳」が優先されることになるでしょう。

 

最後に

今回は、「天威」を取り上げてみました。

「天威」の登場は、総合的に見ると、幻竜族の強化というよりは、バニラモンスターを主軸とするデッキが、恩恵を受けそうなテーマとなりそうですね。

 

皆さんは、どのデッキに「天威」を組みこみますか?

 

では、このあたりで「天威」の考察を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

 

▼もうすぐ発売!「天威」も入っている「ライジング・ランペイジ」!!