Mi☆Light(ミライト)

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【相互RSS】

【ブラック・マジシャン】デッキレシピ(2020)を紹介!~初代主人公が愛した魔法使い族~

f:id:hairon36:20200116130639j:plain

 【2020年1月16日(木)更新】

どうもハイロンです。

今回は、「デュエリストパック-レジェンド・デュエリスト編6-」や「レジェンダリーゴールドボックス」、「エターニティ・コード」の新規を取り入れた「ブラック・マジシャン」デッキを紹介したいと思います。


取り入れた新規のカードですが、

●マジシャンズ・ソウルズ

●魂のしもべ

●黒魔術の秘儀

●超魔導師-ブラック・マジシャンズ

●超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ

●融合派兵

の6枚で、これらのカードにより「ブラック・マジシャン」の特殊召喚方法が増えたのと、融合召喚を戦術に加えることができるようになったことが大きな変更点かなと思ってます。


では、上記のカードを入れた「ブラック・マジシャン」デッキがこちらになります。

デッキレシピ

〈メインデッキ編〉

f:id:hairon36:20200116130703j:plain

〈モンスター18枚〉

ブラック・マジシャン×3

ブラック・マジシャン・ガール×1

幻想の見習い魔導師×3

竜魔導の守護者×2

黒牙の魔術師×2

マジシャンズ・ロッド×3

魔導書士 バテル×1

マジシャンズ・ソウルズ×3

 

〈マジック18枚〉

闇の誘惑×2

ルドラの魔導書×3

融合派兵×2

融合×1

ハーピィの羽根帚×1

魂のしもべ×2

イリュージョン・マジック×1

超融合×2

黒魔術の秘儀×1

黒の魔導陣×3

 

〈トラップ4枚〉

マジシャンズ・ナビゲート×2

永遠の魂×2 

〈EXデッキ編〉

f:id:hairon36:20200116130724j:plain

エクストラデッキ15枚〉

●リンクモンスター4枚

リンクリボー×1

クロシープ×1

見習い魔嬢×1

神聖魔皇后セレーネ×1

 

●融合モンスター5枚

スターヴ・ヴェノム・フュージョン・ドラゴン×1

超魔導騎士-ブラック・キャバルリー×1

超魔導師-ブラック・マジシャンズ×2

超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ×1

 

●エクシーズモンスター6枚

幻想の黒魔導師×1

No.11 ビッグ・アイ×1

No.76 諧調光師グラディエール×1

撃滅龍 ダーク・アームド×1

No.89 電脳獣ディアブロシス×1

真紅眼の鋼炎竜×1

 

【スポンサードリンク】

 

 

デッキの動かし方

デッキの動かし方としては、「ブラック・マジシャン」、「黒の魔導陣」、「マジシャンズ・ナビゲート」or「永遠の魂」の3種類を揃えていくと言った感じになります。


「ブラック・マジシャン」については、「幻想の見習い魔導師」や「イリュージョン・マジック」、「黒の魔導陣」のめくる効果で揃えます。

 

「黒の魔導陣」や「マジシャンズ・ナビゲート」or「永遠の魂」は、「マジシャンズ・ロッド」を召喚したり、「黒の魔導陣」のめくる①の効果、「ルドラの魔導書」のドローで、上記の足りないパーツをサーチしていく感じになります。


ここからは、「ブラック・マジシャン」デッキを支える4つの力を通して、特徴や魅力を伝えていけたらと思います。

「ブラック・マジシャン」の出現は、除外のチャンス!?

遊戯王カード TDIL-JP057 黒の魔導陣 スーパーレア 遊戯王アーク・ファイブ [ザ・ダーク・イリュージョン]

永続魔法

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードの発動時の効果処理として、自分のデッキの上からカードを3枚確認する。その中に「ブラック・マジシャン」のカード名が記された魔法・罠カードまたは「ブラック・マジシャン」があった場合、その1枚を相手に見せて手札に加える事ができる。残りのカードは好きな順番でデッキの上に戻す。

②:自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が召喚・特殊召喚された場合、相手フィールドのカード1枚を対象として発動できる。そのカードを除外する。

「ブラック・マジシャン」デッキの強みは、このカードの②の効果で、ターン1制限ですが、「ブラック・マジシャン」を召喚・特殊召喚するだけで、相手のカードを1枚除外という最高の形で除去できます。

 

それから①の効果も良くて、「ブラック・マジシャン」をはじめ、サポートカードの「マジシャンズ・ナビゲート」や「永遠の罠」を運が良ければ加えることができますが、もし仮にそれらのカードが無かったとしても、ドローカードを握っていた場合は、デッキの上に戻す順番が重要になってきます。

 

なお、「黒の魔導陣」を発動する前に、新規の「魂のしもべ」を使ってデッキトップを確定しておくと、「ブラック・マジシャン」サポートカードを確実に加えれますし、さらに「魂のしもべ」の墓地で発動する効果を使って、デッキの上に戻したカードのドローもできます。

 

▼魂のしもべ

遊戯王カード 魂のしもべ スーパーレア デュエリストパック レジェンドデュエリスト編6 DP23 | ブラックマジシャン ブラマジ 速攻魔法 スーパー レア

速攻魔法

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分の手札・デッキ・墓地から、「魂のしもべ」以外の「ブラック・マジシャン」のカード名または「ブラック・マジシャン・ガール」のカード名が記されたカード、「ブラック・マジシャン」の内、いずれか1枚を選んでデッキの一番上に置く。

②:自分メインフェイズに墓地のこのカードを除外して発動できる。お互いのフィールド・墓地の、「守護神官」モンスター、「ブラック・マジシャン」、「ブラック・マジシャン・ガール」の種類の数だけ自分はデッキからドローする。

 

 手札・デッキ・墓地から「ブラック・マジシャン」見参!!

「黒の魔導陣」を張った後は、自分のターンでは、「マジシャンズ・ソウルズ」や「融合派兵」、相手ターンでは、「マジシャンズ・ナビゲート」、「永遠の魂」の効果を発動して「ブラック・マジシャン」を特殊召喚するという流れになります。

①マジシャンズ・ソウルズ

マジシャンズ・ソウルズ スーパーレア 遊戯王 レジェンドデュエリスト編6 dp23-jp002

星1/闇属性/魔法使い族/攻 0/守 0

このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが手札にある場合、デッキからレベル6以上の魔法使い族モンスター1体を墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。

●このカードを特殊召喚する。

●このカードを墓地へ送る。その後、自分の墓地から「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」1体を選んで特殊召喚できる。

②:自分の手札・フィールドから魔法・罠カードを2枚まで墓地へ送って発動できる。
墓地へ送った数だけ自分はデッキからドローする。

新規モンスターで、①の効果のコストで送ったレベル6以上の魔法使い族モンスターを「ブラック・マジシャン」にして、蘇生効果を選べば「ブラック・マジシャン」の特殊召喚に繋げることができます。

 

これまでは相手ターンに「ブラック・マジシャン」を特殊召喚することが中心でしたが、このカードの登場で、自分のターンでも「ブラック・マジシャン」を呼べて、すぐに「黒の魔導陣」の除外効果を使うことができるようになりました。

 

また、自身を特殊召喚する選択肢もあり、そちらは②のドロー効果を使うことと一緒に考えて、状況によって選びたいところです。

 

②融合派兵

遊戯王カード 融合派兵(スーパーレア) ETERNITY CODE(ETCO) | エターニティ・コード 通常魔法 スーパー レア

通常魔法

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:EXデッキの融合モンスター1体を相手に見せ、そのモンスターにカード名が記されている融合素材モンスター1体を手札・デッキから特殊召喚する。このカードを発動するターン、自分は融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できない。

 

「エターニティ・コード」の新規カードで、「マジシャンズ・ソウルズ」と同じく、自分のターンで「ブラック・マジシャン」を特殊召喚できる魔法カードで、「竜魔導の守護者」でサーチできます。


「ブラック・マジシャン」を融合素材とする融合モンスターを見せるだけで、デッキ・手札から「ブラック・マジシャン」を特殊召喚できるので、手札に来てしまった場合や「イリュージョン・マジック」を活かすことができます。


ただ、このカードを発動するターンは、融合モンスターしかEXデッキから特殊召喚できなくなるので、リンク召喚やエクシーズ召喚は諦めることになります。

 

③マジシャンズ・ナビゲート

遊戯王OCG マジシャンズ・ナビゲート レア TDIL-JP071-R 遊戯王アーク・ファイブ [ザ・ダーク・イリュージョン]

通常罠

①:手札から「ブラック・マジシャン」1体を特殊召喚する。その後、デッキからレベル7以下の魔法使い族・闇属性モンスター1体を特殊召喚する。

②:自分フィールドに「ブラック・マジシャン」が存在する場合、墓地のこのカードを除外し、相手フィールドの表側表示の魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果をターン終了時まで無効にする。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

「マジシャンズ・ナビゲート」は、手札に「ブラック・マジシャン」を握った状態で、相手ターンで発動するカードで、手札から「ブラック・マジシャン」を特殊召喚した後に、デッキからレベル7以下の魔法使い族を特殊召喚し、その後に「黒の魔導陣」の②の効果が発動するという流れになります。

 

ここで、デッキから特殊召喚するレベル7以下の魔法使い族ですが、

「ブラック・マジシャン」、「幻想の見習い魔導師」、「黒牙の魔術師」がこのデッキの狙い目になります。

個々のカードについて補足すると...

基本は、後続の「ブラック・マジシャン」の確保と打点アップができるので、何もない時は「幻想の見習い魔導師」でOKでしょう。

 

「ブラック・マジシャン」は、「マジシャンズ・ナビゲート」を相手のエンドフェイズ時とか、自分のターンに発動できる時に選択して、自分のターンでランク7を狙うのがベストです。


「黒牙の魔術師」は、戦闘・効果破壊された場合に、墓地の闇属性・魔法使い族モンスターを蘇生できるので、タダでは崩されない布陣を作ることができます。

また「マジシャンズ・ナビゲート」には、忘れがちになりそうな②の効果もあるので、相手の厄介な魔法・罠カードは、これで一時的に封じるといいでしょう。

 

④永遠の魂

 遊戯王 永遠の魂 DP17-JP015 レア

永続罠

このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:以下の効果から1つを選択して発動できる。

●自分の手札・墓地から「ブラック・マジシャン」1体を選んで特殊召喚する。

●デッキから「黒・魔・導」または「千本ナイフ」1枚を手札に加える。

②:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分のモンスターゾーンの「ブラック・マジシャン」は相手の効果を受けない。

③:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。自分フィールドのモンスターを全て破壊する。

「永遠の魂」は、「ブラック・マジシャン」専用のカードで、手札だけでなく墓地からも「ブラック・マジシャン」を特殊召喚できる永続罠カードになります。

 

なのでこのカードを発動しておけば、手札・墓地に「ブラック・マジシャン」がいる限り、毎ターン「ブラック・マジシャン」が出現することになり、さらに「ブラック・マジシャン」に相手の効果を受けないという耐性が付きます。

 

ここまではメリットだらけですが、デメリットも存在し、このカードがフィールドから離れてしまうと、自分フィールドのモンスターが全て破壊されてしまうので、取り扱いには注意が必要です。

しかし、破壊されるモンスターの中に「黒牙の魔術師」を巻き込むとそれらのモンスター効果が使えるので、保険として場に置いておくといいでしょう。

 

【スポンサードリンク】

 

 

融合で進化する「ブラック・マジシャン」?!

遊戯王カード 超魔導師?ブラック・マジシャンズ ウルトラレア デュエリストパック レジェンドデュエリスト編6 DP23 | ブラックマジシャン 融合 魔法使い族

超魔導師-ブラック・マジシャンズ

融合・効果モンスター

星8/闇属性/魔法使い族/攻2800/守2300

「ブラック・マジシャン」または「ブラック・マジシャン・ガール」+魔法使い族モンスター

①:1ターンに1度、魔法・罠カードの効果が発動した場合に発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。そのドローしたカードが魔法・罠カードだった場合、自分フィールドにセットできる。速攻魔法・罠カードをセットした場合、そのカードはセットしたターンでも発動できる。

②:このカードが破壊された場合に発動できる。「ブラック・マジシャン」「ブラック・マジシャン・ガール」を1体ずつ自分の手札・デッキ・墓地から選んで特殊召喚する。

こちらも新たに追加されたモンスターで、「黒魔術の秘儀」を使うことで融合召喚ができます。

 

効果は、自分・相手を問わずに、魔法・罠カードが発動すれば1ドローができ、ドローしたカードが魔法・罠カードだった場合、それをセットできる(速攻魔法・罠カードであればセットしたターンでも発動可能)ので、「黒の魔導陣」や「魂のしもべ」でデッキトップを操作した後に、魔法・罠カードの効果を発動すると狙ったカードをそのターン中に発動することができます。

 

②の効果により、盤面には師弟コンビが並ぶので、「永遠の魂」等で破壊されても、後続を確保できるので、このモンスターも保険になりますね。

 

打点強化の「幻想の見習い魔導師」!!

【シングルカード】17SP)幻想の見習い魔導師/効果/ノーマル/17SP-JP007

星6/闇属性/魔法使い族/攻2000/守1700

①:このカードは手札を1枚捨てて、手札から特殊召喚できる。

②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ブラック・マジシャン」1体を手札に加える。

③:このカード以外の自分の魔法使い族・闇属性モンスターが相手モンスターと戦闘を行うダメージ計算時、手札・フィールドのこのカードを墓地へ送って発動できる。その自分のモンスターの攻撃力・守備力はそのダメージ計算時のみ2000アップする。

「ブラック・マジシャン」デッキを支える最後の力は、このカードで、 手札1枚を切るだけで簡単に特殊召喚でき、さらに召喚・特殊召喚成功の効果で、「ブラック・マジシャン」をサーチできるので、その後に「マジシャンズ・ナビゲート」や「永遠の魂」の発動ができます。

 

また手札・フィールドにいる場合でも、墓地へ送ると、自分の魔法使い族・闇属性モンスターに力を与えれるので、戦闘補助モンスターとしても優秀です。

しかも、攻守を2000上げるので、なかなかの上昇値になります。

(相手モンスターとの戦闘のみになりますが…。)

 

なお、打点関連で言うと、「黒牙の魔術師」もいて、対象のモンスターの攻撃力半分にするというペンデュラム効果も持っているので、ビートダウンもできます。

 

【スポンサードリンク】

 

 

最後に

「ブラック・マジシャン」デッキは、いかがでしたでしょうか?

 

これまでは、自分のターンで必要なパーツを集め、「ブラック・マジシャン」を特殊召喚できるカードが罠のだったため、相手ターンで動くことが多いデッキでした。

 

しかし新規で、自分のターンに「ブラック・マジシャン」を展開できるようになり、さらにデュエリストが長年の待ち望んだ(?)、「ブラック・マジシャン」と「ブラック・マジシャン・ガール」の夢の共演が、今回の新規で叶ったので、原作ファンにとっても嬉しい強化となったのではないでしょうか?


もし興味があれば作ってみてくださいね!

 

ではこのあたりで「ブラック・マジシャン」デッキの紹介を終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。