ハイロンの遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【パックのおすすめ】シングル買いするならこれ??回収しておきたい「PREMIUM PACK 2019」のカード!トップ5!!

遊戯王OCG デュエルモンスターズ PREMIUM PACK 2019 BOX

どうも、ハイロンです。

 

さて今回は、一般販売が解禁になる「PREMIUM PACK 2019」の中から、回収しておきたいカードを紹介したいと思います。

初心者の方や、「PREMIUM PACK 2019」はシングル買いで済ませたいという方の参考になれば幸いです。

 

今回の「PREMIUM PACK 2019」は、マンガ版の「遊戯王アークファイブ」で登場したカードを中心としていますが、「おジャマ」、「ギミック・パペット」、「超重武者」、「SR」、「デストーイ」などの強化も入っていたりします。

 

例年通り、全てのカードにウルトラやシークレット仕様のカードも存在しますが、今回はさらに、

・「剛炎の剣士」

・「決闘竜 デュエル・リンク・ドラゴン」

・「転生炎獣アルミラージ」

の3種類に、20thシークレットレア仕様も存在するので、これらのカードのレアリティにこだわりたい方は、さらに極めるのもいいかもしれませんね。

 

では、そろそろ本題に入りたいと思います。

今回の記事のラインナップです。

 では、1枚ずつ見ていきましょう!

 新たな汎用リンク1!「転生炎獣アルミラージ」!!

遊戯王カード 転生炎獣 アルミラージ(ウルトラレア) プレミアムパック2019(19PP) | サラマングレイト リンク 炎属性 サイバース族 ウルトラ レア

炎 サイバース族/リンク 0 

通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター1体

このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードをリリースし、自分フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。このターン、そのモンスターは相手の効果では破壊されない。この効果は相手ターンでも発動できる。

②:このカードが墓地に存在し、通常召喚された自分のモンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。このカードを特殊召喚する。
【LINK-1:右下】

 今回の目玉は、やはりこのカードになるでしょう。

名前は「転生炎獣(サラマングレイト)」と付きますが、テーマ内にとどまらない汎用的な効果を持つリンク1モンスターです。

効果は、自分の他のモンスターに破壊耐性を与えつつ、自己蘇生持ちですからね。

 

リンク素材指定も、『通常召喚された攻撃力1000以下のモンスター』なので、ゆるいです。

 

この点に関して個人的には、これまで「クリッター」のサーチ効果を使うのに、「副話術士クララ&アンドルーシカ」や他の闇属性を用意して「見習い魔嬢」をリンク召喚していましたが、これからは、「クリッター」単体で「転生炎獣アルミラージ」の素材になれるのは嬉しいですね。

 

これから攻撃力1000以下のモンスターが出る度に、注目されると思うので、ぜひとも回収しておきたい1枚です。

 

特殊召喚メタカード!「閻魔の裁き」!!

遊戯王カード 閻魔の裁き(ノーマル) プレミアムパック2019(19PP) | 通常罠 ノーマル

通常罠
①:相手がモンスターの特殊召喚に成功した時に発動できる。そのモンスターを破壊する。

その後、以下の効果を適用できる。

●自分の墓地からアンデット族モンスター5体を除外し、手札・デッキからレベル7以上のアンデット族モンスター1体を特殊召喚する。

「閻魔の裁き」は、相手モンスターの特殊召喚成功に反応して、発動でき、そのモンスターを破壊する罠カードです。

 

『その後』の効果は、レベル7以上のアンデット族を特殊召喚できる効果になりますが、そちらは任意なので、自分の墓地のアンデット族モンスターが5体未満でも、このカード自体の発動はできます。

(その場合は、破壊する効果の処理だけ行われます。公式のQ&Aにて確認済みです。)

 

このカードの魅力は、やはりノーコストで発動できる点になりますね。

カウンター罠系の「神の宣告」などと比べると、ライフコストが不要なので、相手が特殊召喚さえしてくれれば、発動機会に困ることはありません。

 

ただ、「閻魔の裁き」は破壊するだけで、相手モンスターの特殊召喚自体を無効にするわけではないので、特殊召喚成功時に発動するモンスターの効果は許してしまうし、そもそも破壊耐性を持っていると、効かない点には注意したいですね。

 

それでも「神の宣告」などのカードは欲しいが、デッキの都合上、ライフを自ら削りたくないとか、ノーコストでというケースでは、「閻魔の裁き」の採用がいいかもしれないですね。

 

ランク7のダベリオン!?「ダーク・アンセリオン・ドラゴン」!!

遊戯王カード ダーク・アンセリオン・ドラゴン(ノーマル) プレミアムパック2019(19PP) | エクシーズ・ペンデュラム 闇属性 ドラゴン族 ノーマル

星7 闇 ドラゴン族/エクシーズ/ペンデュラム 3000/2500
レベル7モンスター×2
レベル7がP召喚可能な場合にEXデッキの表側表示のこのカードはP召喚できる。

①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。ターン終了時まで、そのモンスターの攻撃力を半分にし、その数値分このカードの攻撃力をアップする。この効果は相手ターンでも発動できる。

②:モンスターゾーンのこのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。このカードを自分のPゾーンに置く。
【P効果 青10/赤10】
①:1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの元々の攻撃力はターン終了時まで半分になる。

「ダーク・アンセリオン・ドラゴン」は、要するに脳筋効果持ちのモンスターですねw

 

ランク7版の「ダーク・リべリオン・エクシーズ・ドラゴン」と言えそうですが、少し違う点もあります。

 

まず、「ダーク・リべリオン・エクシーズ・ドラゴン」には、ターン1制限や上昇が切れる期限はありませんでしたが、「ダーク・アンセリオン・ドラゴン」には、ターン1制限が付き、攻撃力のアップが「ターン終了時」までとなっています。

ただ、その代わりに相手ターンでも効果を使えるようになっているので、その点から見ると利便性は少し向上してるのかなと。

 

あとは、モンスターゾーンで戦闘・効果で破壊された場合は、Pゾーンに置かれ、そこからP効果で、相手モンスターの元々の攻撃力をターン終了時まで半分にできるので、倒されても仲間のために一緒に戦ってくれるのは心強いですね。

 

総じて、攻撃力が欲しい時に活躍するランク7の新たな戦力と言えそうなので、回収しておいてもいいかなと思ってます。

 

名前がカッコいい!ランク10の新たな希望!!「No.XX(ダブルエックス) インフィニティ・ダークホープ」!!!

遊戯王カード No.XX インフィニティ・ダークホープ(ノーマル) プレミアムパック2019(19PP) | ナンバーズ ダブルエックス エクシーズ 闇属性 戦士族

星10 闇 戦士族/エクシーズ 4000/4000
レベル10モンスター×2体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:自分または相手のモンスターが戦闘で破壊され墓地へ送られた時、このカードのX素材を1つ取り除き、そのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに守備表示で特殊召喚する。

②:このカード以外の自分フィールドの特殊召喚された表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの元々の攻撃力分だけ自分のLPを回復する。

ランク10は、グスタフマックスやスペリオル・ドーラ、ガンガリディアといった大型の機械族が多かった印象で、こんなにカッコいいヒーロー系統のモンスターは、何気に初ですね。

 

「No.XXインフィニティ・ダークホープ」の効果ですが、X素材を取り除いた時の効果は、戦闘破壊された自分・相手モンスターを守備表示で蘇生できるというもの。

 

このモンスターで殴った相手モンスターを蘇生させるのが1番かと思いますが、このモンスターのX素材がある限り、実質自分のモンスターは戦闘破壊されない状況でもあるので、この効果は攻守にわたって活躍できそうですね。

 

なお、「No.XXインフィニティ・ダークホープ」には、X素材を使わない効果として、自分の特殊召喚された表側モンスター1体の元々の攻撃力分ライフを回復するという効果もあります。

 

基本的には、列車系統が優先されると思いますが、攻撃力・守備力が4000とライフ回復効果がある点で、差別化をはかりたいところです。

 

攻撃力2400以上の植物族モンスターのサポートカード!「天啓の薔薇の鐘(ローズ・ベル)」!!

遊戯王カード 天啓の薔薇の鐘(ノーマル) プレミアムパック2019(19PP) | ローズ・ベル 通常魔法 ノーマル

 

通常魔法
このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

①:デッキから攻撃力2400以上の植物族モンスター1体を手札に加える。

②:墓地のこのカードを除外して発動できる。手札から攻撃力2400以上の植物族モンスター1体を特殊召喚する。

攻撃力2400以上の植物族モンスターをサーチまたは、手札から特殊召喚できるサポートカードになります。

 

対応する攻撃力2400以上の植物族モンスターですが、(2019年3月9日現在)

マンドラゴン

アロマージ-ベルガモット

ギガプラント

森羅の賢樹 シャーマン

森羅の仙樹 レギア

森羅の番人 オーク

桜姫タレイア

椿姫ティタニアル

姫葵マリーナ

魔天使ローズ・ソーサラー

凛天使クイーン・オブ・ローズ

大凛魔天使ローザリアン(1の効果のみ対応)

となってます。

今のところは、「ギガプラント」や「森羅」、姫シリーズのサポートカードとして使えそうですが、もっと攻撃力2400以上の植物族モンスターが増えると「天啓の薔薇の鐘」の価値が上がるかも...。

 

時間はかかりそうですが、将来性はありそうですね。

余裕があれば、持っておきたいところです。

 

 

最後に

シングル買いの観点とオススメできそうと思った中から、回収しておきたいカードを挙げてみましたが、いかがでしたでしょうか?

 

振り返ってみると...

「転生炎獣アルミラージ」

「閻魔の裁き」

「ダーク・アンセリオン・ドラゴン」

「No.XXインフィニティ・ダークホープ

「天啓の薔薇の鐘」

の5枚をシングル買い候補として、取り上げてみました。

 

特に、「転生炎獣アルミラージ」と「閻魔の裁き」は、「PREMIUM PACK 2019」の中では、汎用的なカードと言えそうなので、シングル買いで回収するべきカードとしてオススメしますよ~♪

 

では、以上で【シングル回収】「PREMIUM PACK 2019」編を終わりたいと思います。

シングル買いの参考になれば、幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!