遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「超量」特集!~戦隊ヒーロー「超量戦隊マグナレンジャー」にまさかの新戦力!?~【特集記事】

 

今回は、「ダーク・ネオストーム」発売直前特集として、「超量」の新規のカードについて、お勉強をしたいと思います。

 

遊戯王界で子供に大人気だった、あの戦隊ヒーロー「超量戦隊マグナレンジャー」に新隊員加入!?

しかも、リンクモンスターやサポートカードまで(??)

ということで、応援する意味合いも込めて全力特集したいと思います。

 

【モンスター編】

超量士ホワイトレイヤー

遊戯王カード 超量士ホワイトレイヤー(レア) ダーク・ネオストーム(DANE) | 超量 効果モンスター 光属性 天使族 レア

星7 光 天使族 2400/2400 
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:手札及び自分フィールドの表側表示モンスターの中から、光属性以外の「超量」モンスター1体を墓地へ送って発動できる。このカードを手札から守備表示で特殊召喚する。

②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。デッキから「超量」モンスター1体を墓地へ送る。このカードの属性・レベルはそのモンスターと同じになる。

③:このカードが墓地へ送られた場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「超量妖精アルファン」1体を選んで手札に加える。

 「超量」の新隊員で、イメージカラーは、ホワイトです!

レベル7の上級モンスターですが、手札から特殊召喚できる効果を持っていて、自分の手札・フィールドから光属性以外の「超量」モンスター1体を墓地へ送ると特殊召喚できます。

 

『光属性以外の「超量」モンスター』なので、メインデッキに入る「超量士ホワイトレイヤー」と「超量妖精アルファン」は対象外となりますが、その他の「超量」モンスターなら、共通効果の墓地へ送られた場合の効果の発動を狙って行くことができますので、シナジーがあります。

 

それから「超量士ホワイトレイヤー」の召喚・特殊召喚に成功した時の効果は、デッキからの「超量」の墓地肥やしと墓地へ送ったモンスターと同じ属性・レベルになる効果で、こちらも「超量」モンスターの墓地へ送られた場合の効果を発動するトリガーになります。

(レベル調整効果はオマケ程度と考えてもらえればと思います。)

 

そして、墓地へ送られた場合の効果は、「超量妖精アルファン」のデッキからのサーチ、または墓地からのサルベージ効果になります。

 

アド損にならないような効果と言えるので、「超量機艦マグナキャリア」のような手札コストが必要なカードのコストにするのもいいでしょう。

 

次は、このモンスターが搭乗するエクシーズモンスターの紹介です。

超量機獣ラスターレックス

遊戯王カード 超量機獣ラスターレックス(レア) ダーク・ネオストーム(DANE) | 超量 エクシーズ・効果モンスター 光属性 機械族 レア

星7 光 機械族/エクシーズ 2700/1900
レベル7モンスター×2
①:X素材が無いこのカードは攻撃できない。

②:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除き、フィールドの効果モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの効果をターン終了時まで無効にする。このカードが「超量士ホワイトレイヤー」をX素材としている場合、この効果は相手ターンでも発動できる。

③:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。自分の手札・フィールドから「超量士」モンスター1体を選び、このカードの下に重ねてX素材とする。

 新規の「超量」エクシーズモンスターで、ランクは7です。

エクシーズ素材を取り除くと、フィールドの効果モンスター1体の効果をターン終了時まで無効にするという効果です。

 

「超量」エクシーズモンスターは、これまでモンスター除去、魔法・罠カード除去、表示形式変更がありましたが、そこに新たにモンスターの無効化効果が加わることになります。

 

なお、②の効果に関しては、起動効果ですが、「超量士ホワイトレイヤー」(指定しているモンスター)をエクシーズ素材にしている場合は、相手ターンでも効果を使える誘発即時効果になるというのが、「超量」のエクシーズモンスターの特徴ですので、このことはメモしておきましょう。

 

また、①の効果や③の効果も共通効果になります。

 

お次は、4体合体の秘密兵器であるリンクモンスターの紹介です。

真超量機神王ブラスター・マグナ

真超量機神王ブラスター・マグナ レア 遊戯王 ダーク・ネオストーム dane-jp046

光 機械族/リンク 2500
「超量」モンスターを含む効果モンスター2体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:リンク召喚したこのカードは相手の効果では破壊されない。

②:同名カードが自分フィールドに存在しない「超量」XモンスターがEXデッキからこのカードのリンク先に特殊召喚される度に発動する。自分はデッキから1枚ドローする。

③:このカードのリンク先のXモンスターが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。そのXモンスターと元々の属性が同じ「超量」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
【LINK-3:左下/下/右下】

相手からの効果破壊耐性とこのカードのリンク先のモンスターに関する2つの効果を持つ、「超量」のリンク3モンスターです。

 

このカードのリンク先に関する効果ですが、まず1つ目は、リンク先に「超量」エクシーズモンスターが、EXデッキから特殊召喚される度に1枚ドローというもので、これにより「超量機艦マグナキャリア」で払ったコストが帰ってきます。

しかも、②の効果はターン1ではないので、別の「超量機獣」エクシーズモンスターを出せれば、複数回発動できます。

 

もう1つの効果は、リンク先の「超量」エクシーズモンスターが破壊されると、デッキからそのモンスターと元々の属性が同じ「超量」モンスター1体を特殊召喚できる効果で、こちらは保険とも捉えれる効果で、ターン1制限が付いてます。

さらに特殊召喚なので、各自の「超量士」モンスターが持つ、特殊召喚時の効果を発動することもできます。

 

問題は、「真超量機神王ブラスター・マグナ」がリンク3のため、出しにくいと感じるかもしれませんが、「超量妖精アルファン」と蘇生カードがあれば、3体の「超量」を揃えることができるので、リンク召喚自体は、実は簡単だったりします。

(ただ、そこからエクシーズモンスターを用意するのは、難しかったりします。)

 

参考までにその方法について紹介しておきます。

【参考】~「超量」モンスター3体の並べ方~

「超量妖精アルファン」の効果で、「超量士グリーンレイヤー」・「超量士ブルーレイヤー」・「超量士レッドレイヤー」の3体を選ぶ。


●相手によって、「超量士レッドレイヤー」以外が選ばれた場合

「超量士レッドレイヤー」の3番目の効果で選ばれなかった、もう一方の「超量士」を蘇生、その後「超量士レッドレイヤー」を蘇生カードで蘇生。


●相手によって、「超量士レッドレイヤー」が選ばれた場合

「超量士レッドレイヤー」の2番目の効果で、「超量士ブルーレイヤー」をサルベージ、蘇生カードで蘇生させた「超量士グリーンレイヤー」の1番目の効果で手札から特殊召喚

 

【魔法・罠カード編】

超量要請アルファンコール

遊戯王カード 超量要請アルファンコール(ノーマル) ダーク・ネオストーム(DANE) | 超量 速攻魔法 ノーマル

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。

①:自分の「超量」モンスターが戦闘で破壊された時に発動できる。EXデッキから「超量機獣」Xモンスター1体を特殊召喚する。その後、そのXモンスターカードにカード名が記された「超量士」モンスター1体を自分の手札・デッキ・墓地から選び、効果を無効にして特殊召喚できる。

「超量」モンスターが戦闘破壊される必要がありますが、EXデッキから「超量機獣」と手札・デッキ・墓地から対応する「超量士」を特殊召喚できる速攻魔法です。

 

特殊召喚されたモンスターは、効果が無効になっているので、特殊召喚時の効果を起動できませんが、このカードを発動すれば、「超量」モンスターが2体いる状況なので、あと1体足せば、「真超量機神王ブラスター・マグナ」を出せることになります。

 

一見するとリンク召喚のサポート色が強いですが、「超量機獣グランパルス」を出して、戦闘を耐えるという目的でも使えそうですし、「超量機艦マグナキャリア」の2番目の発動のために「超量機獣」エクシーズモンスターの種類を増やしておくといった役割もあるので、状況によって特殊召喚するモンスターを変えれそうですね。

 

超量合神-マグナフォーメーション

遊戯王カード 超量合神-マグナフォーメーション(ノーマル) ダーク・ネオストーム(DANE) | 超量 永続罠 ノーマル

永続罠
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分メインフェイズ1の間、相手はフィールドの「超量」カードを効果の対象にできない。

②:自分フィールドの「超量」Xモンスター1体を対象として発動できる。対象のモンスター以外の自分フィールドの表側表示モンスター1体を選び、対象のモンスターの下に重ねてX素材とする。

「超量」の新規の永続罠カードです。

まず、自分メインフェイズ1に、対象を取る効果から「超量」カードを守れるので、「超量士」の効果を手札誘発の妨害から守れますね。

 

そして②の効果は、エクシーズ素材を補給する効果で、「超量機獣」エクシーズモンスターが持っている効果と似てますが異なる部分もあります。

 

まず「超量機獣」側では、手札からもできますが、「超量士」モンスターのみとなっています。

その一方で、「超量合神-マグナフォーメーション」側は、自分フィールドのみとなってますが、自分の表側モンスターと対象が広くなっていますので、コントロールを奪ったモンスターでエクシーズ素材を補給ということもできそうです。

 

なおこの効果は「超量機艦マグナキャリア」の方法により出した「超量機神王グレート・マグナス」の効果にも繋がるので、侮れないです。

 

 

【あとがき】

以上が「ダーク・ネオストーム」に入る新規の「超量」カードになります。

 

「超量戦隊マグナレンジャー」に加入する新戦力は、なかなかいいものだなと感じましたが、皆さんはいかがでしたでしょうか?

 

これで地球の平和を守れそうですね。

 

「超量」は、出た当初に作っていたこともあるためか、この特集記事を書いていて、もう1度作ってみようかなと思ったので、今から発売が楽しみです。

 

ではこのあたりで終わりたいと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました!