遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「リンクヴレインズパック2」 のおすすめカード!!<後編>

 

「リンクヴレインズパック2」のカードで、私ハイロンがオススメできそうなカードを選ぶ【おすすめカード】のコーナーです!

 

前回は、前編として【カオス・ソルジャー】~【六武衆】までを見てきましたが、

今回は、後編として【列車】~【魔弾】の方を見ていきたいと思います。

 

何がいいカードなのか、何をシングル買いしたらいいのか、わからない人の参考になれば幸いです。

 

▼前半はこちら▼

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

 では、後編のテーマを順に見ていきましょう。

【列車】カードナンバー:051~055

f:id:hairon36:20181115124548j:plain

051.機関重連アンガー・ナックル(ウルトラレア

052.No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ(レア)

053.重機貨列車デリックレーン

054.機関連結

055.転回操車

「列車」関連では、機械族デッキを作る人は、「機関重連アンガー・ナックル」をチェックをしておいてほしいところです。

やはり注目は2番目の効果で、自分の手札orフィールドのカードを1枚送るだけでいいので、自己再生できるので、リンクマーカー要員としても優秀と言えそうです。

 

さらに、デッキにレベル10の機械族を採用しているならば、効果を無効にしますが、蘇生できる1番目の効果もあります。

こちらは、自分の手札orフィールドのモンスターを送らなければなりませんが、自身を対象にすることもできます。

 

ただ、どちらか1つしか1ターンに効果を発動できない点には、注意が必要となってきます。

 

私ハイロン的には、デッキを選ぶものの、今回のウルトラ枠では「混沌の戦士 カオス・ソルジャー」の次に効果が優秀だと思ってます。

 

再録カードでは、「No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ」や「重機貨列車デリックレーン」、「転回操車」と言ったレベル10・機械族に関連するカードにも注目です。

 

 

【炎星】カードナンバー:056~060

f:id:hairon36:20181122103946j:plain

056.炎星仙-ワシンジン(スーパーレア)

057.炎星候-ホウシン

058.炎星皇-チョウライオ(レア)

059.炎星師-チョウテン

060.立炎星-トウケイ

「炎星」の再録カードは、全てが限定カードで、レベル3軸の「炎星」パーツということで、持っていなかった人には、嬉しい再録だと思います。

 

特に「炎星師―チョウテン」は、守備力200というステータスで、「真炎の爆発」にも対応しているため、そちら側のデッキでも活躍が見込めますが、シンクロ素材にする場合は、獣戦士族にしか使えないという一文があるので、リンクモンスターの用意もしておきたいところです。

 

リンクの「炎星仙-ワシンジン」は、獣戦士族をリンク素材に指定してますが、効果は「炎星」と「炎舞」カードに関するものなので、全ての獣戦士族デッキで活躍できるとは限りません。

 

ただ、「炎舞」のカードを再利用できたり、「炎星」モンスターには、「炎舞」を送って発動する効果があったりするのですが、その「炎舞」カードを送らなくてもいいというある意味、無茶苦茶な効果を持っているので、「炎星」と「炎舞」とともに採用してみるのも一考の余地があると思います。

 

また、「殺炎星―ブルキ」にも注目したいところです。

 

遊戯王/第8期/4弾/LTGY-JP029 殺炎星?ブルキ
 

 

【蟲惑魔】カードナンバー:061~065

f:id:hairon36:20181121132919j:plain

061.セラの蟲惑魔(スーパーレア)

062.アトラの蟲惑魔

063.トリオンの蟲惑魔

064.カズーラの蟲惑魔

065.底なし落とし穴(レア)

 

「蟲惑魔」からオススメするカードは、「底なし落とし穴」と「トリオンの蟲惑魔」です。

 

「底なし落とし穴」は、召喚・反転召喚・特殊召喚した相手モンスターを裏側守備表示にするというもので、相手が表示形式を変更できるカードやアドバンス召喚できるモンスター、融合素材にできなければ、裏側のままずっと居続けるということもありえます。

 

破壊耐性を持っていても、こういう効果に対して耐性を持っているモンスターは意外と少ないので、使うと相手の意表を突くことになります。

 

なお、裏側守備表示にするので、リンクモンスターに対しては無力な点には、注意が必要ですが、持っておいても良さそうな罠カードと言えます。

 

「トリオンの蟲惑魔」は、召喚成功時に、「落とし穴」通常罠カードをサーチできるので、上記のカードを持ってきてもいいですね。

また、特殊召喚成功時には、相手の魔法・罠カードを破壊できるので、蘇生カードもデッキに入れておくといいでしょう。

 

もちろん「蟲惑魔」モンスターを入れるなら、「蟲惑魔」1体でリンク召喚できる「セラの蟲惑魔」もお忘れなく。

 

 

【DD】カードナンバー:066~070

f:id:hairon36:20181023121504j:plain

066.DDD深淵王ビルガメス(スーパーレア)

067.DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン(レア)

068.DDスワラル・スライム

069.DDネクロ・スライム

070.異形神の契約書

 

「DD」は、全て「DD」テーマ専用カードなので、その他のデッキに入りそうなカードは見当たりませんが、このパックから「DD」デッキデビューをするならば、Vジャンプの付録だった「DDD烈火大王エグゼクティブ・テムジン」は拾っておきたいところ。

 

それからノーマルの「DDスワラル・スライム」と「DDネクロ・スライム」、特殊召喚すると、ペンデュラム召喚の下準備が整うリンクの「DDD深淵王ビルガメス」を数枚手に入れるといいでしょう。

 

あとは、「ストラクチャーデッキ-ペンデュラム・ドミネーション-」を買えば、メインデッキのパーツが一通り揃うはずなので、今回の「リンクヴレインズパック2」のテーマの中では、メインデッキに限ると作りやすさは一番と言えそうです。

(あとは、EXデッキのカードだけです…)

 

 

【RR】カードナンバー:071~075

f:id:hairon36:20181121133029j:plain

071.RR-ワイズ・ストリクス(スーパーレア)

072.RR-アルティメット・ファルコン(レア)

073.RR-サテライト・キャノン・ファルコン(レア)

074.RR-トリビュート・レイニア

075.RUM-ソウル・シェイブ・フォース

こちらも「RR」デッキ向けの紹介になります。

まずリンクモンスターの「RR-ワイズ・ストリクス」は外せないところで、「RUM」の用意までできてしまうのが、ミソです。

「RR」向けと言いましたが、このリンクモンスターに関しては、「BF」デッキでも利用可能なリンクモンスターとなっています。

 

再録カードは、全て光り物だったカードで、「RR」デッキでは、どれも持っておきたいカードですが、字レアの「RR-アルティメット・ファルコン」と「RR-サテライト・キャノン・ファルコン」は、「RR-ラスト・ストリクス」を出張させて、「No.77 ザ・セブン・シンズ」のエクシーズ召喚を狙うようなデッキでは必須になってくるので、拾っておくといいでしょう。

 

 

【幻影騎士団】カードナンバー:076~080

f:id:hairon36:20181121133044j:plain

076.幻影騎士団ラスティ・バルディッシュウルトラレア

077.ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン(レア)

078.幻影騎士団ダスティローブ

079.幻影騎士団サイレントブーツ

080.幻影霧剣(レア)

「幻影騎士団」からは、再録カードの「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」と「幻影霧剣」の効果がオススメできるカードです。

 

まず「ダーク・リベリオン・エクシーズ・ドラゴン」は、エクシーズ素材を2つ使いますが、相手フィールドのモンスターの攻撃力を半分にし、その数値分攻撃力をアップするので、相手が攻撃力の高いモンスターを出してきた時に対処できるランク4のエクシーズモンスターになります。

(しかもエンドフェイズ時までという記載がないため、攻撃力はずっと上がったままです。)

 

「幻影霧剣」の方は、1番目の効果がオススメできるポイントで、指定したモンスターの効果無効、攻撃封じ、攻撃対象にならないという3つの仕事をします。

 

それだけでも十分なのですが、変わった使い方としては、攻撃対象にならないということを利用して、自分のモンスターが1体の場合に、このカードで自分のモンスターを指定すると、相手からの攻撃をシャットダウンできるという使い方もできるので、守りにも適した罠カードとなっています。

 

あとは、「幻影騎士団」デッキや闇属性エクシーズモンスターを使うデッキならば、少し手間がかかるかもしれませんがリンクモンスターの「幻影騎士団ラスティ・バルディッシュ」もオススメです。

 

また、ブースターSP内ではスーパーだった「幻影騎士団ダスティローブ」と「幻影騎士団サイレントブーツ」が手に入りやすくなっているので、回収しておきたいところですね。

 

 

 

【スピードロイド(SR)】カードナンバー:081~085

f:id:hairon36:20181121133056j:plain

081.HSR-GOMガン(スーパーレア)

082.HSRマッハゴー・イータ(レア)

083.SRベイゴマックス(レア)

084.赤目のダイス

085.スピードリバース

「スピードロイド」内では、やはり「SRベイゴマックス」の再録が光るところで、回収しておきたい筆頭候補となります。

 

「SRベイゴマックス」は、召喚権を残したまま展開できるのが強みで、「SRタケトンボーグ」をサーチして、リンク2orランク3のモンスターになれるので、セットで採用したいところです。

 

余裕があれば「スピードリバース」も手に入れておきたいところ。

 

 それから新規の「HSR-GOMガン」ですが、風属性デッキで召喚権を増やしたい場合は、採用を1度考えてみたいリンクモンスターになります。

 

1番目の効果がまさに風属性の召喚権を増やす効果で、自分メインフェイズ時に発動できるので、このカードを蘇生した場合でも効果を使えます。

ただ、この効果を使うと、シンクロモンスターしかEXデッキから特殊召喚できなくなってしまうので、その後の展開には注意したいです。

 

2番目の効果もありますが、「スピードロイド」とそれに合わせた風属性シンクロモンスターの準備が必要となるので、「スピードロイド」デッキやその派生デッキ以外では、無理に狙う必要はないでしょう。

 

 

【PSYフレーム】カードナンバー:086~090

f:id:hairon36:20181122090317j:plain

086.PSYフレームロード・Λ(スーパーレア)

087.PSYフレームロード・Ω(レア)

088.PSYフレーム・ドライバー

089.PSYフレームギア・γ

090.PSYフレーム・サーキット

「PSYフレーム」からは、「PSYフレームロード・Ω」とリンクモンスターの「PSYフレームロード・Λ」を紹介します。

 

まず、レベル8の「PSYフレームロード・Ω」ですが、簡単に説明すると、一時的なハンデスをしたり、除外されているカードを戻せたり、墓地のこのカードと他のカードをデッキに戻せたりといろいろと器用にできるシンクロモンスターです。

 

また、一時的なハンデスをするときにこのカードを除外しますが、次の自分スタンバイフェイズに戻ってくるため、実質、EXモンスターゾーンを空けることもできるので、総合的に見ても汎用的なシンクロモンスターと言えます。

 

「PSYフレームロード・Λ」ですが、リンク素材指定が『トークン以外のモンスター2体』と緩いので出しやすいのですが、効果的には「PSYフレーム」寄りの効果なので、「PSYフレーム」モンスターの採用は欠かせません。

 

なお、このカードがいれば、自分の場にモンスターがいても手札の「PSYフレームギア」モンスターの効果を使えるので、「PSYフレーム」とともに出張してみるのもいいでしょう。

 

あとは何気に素材指定が緩いサイキック族はいなかったので、その部分を活かしたいところです。

 

 

【堕天使】カードナンバー:091~095

f:id:hairon36:20181122100759j:plain

091.失楽の堕天使(スーパーレア)

092.堕天使ルシフェル(レア)

093.堕天使アムドゥシアス

094.堕天使の追放(レア)

095.魅惑の堕天使

リンクモンスターの「失楽の堕天使」は、「堕天使」デッキでは効果をフルに利用できますが、その他の天使族デッキでも利用できる効果を持っていたりします。

 

1番目の効果と3番目の効果がまさにそれで、1番目の効果は、天使族の上級モンスターのアドバンス召喚をサポートしてくれます。

ただ、「神の居城-ヴァルハラ」といったカードもありますが、特殊召喚が不可能な天使族・上級モンスターもいるので、そのあたりで違いを出せればと思います。

3番目の効果は、ライフを回復する効果で、天使族にはライフにかかわるモンスターもいてるので、その点が活かせそうです。

 

さらに天使族を用意できれば、このモンスターからリンク3の「天空神騎士ロードパーシアス」になることもできます。

 

再録カードでは、「堕天使」デッキを組むにあたってネックだった「堕天使の追放」が字レアで再録されたということで、一気に作るハードルが下がったと言えそうです。

同時に、スーパー以上だった「堕天使」カードが収録されたのも追い風です。

 

 

【魔弾】カードナンバー:096~100

f:id:hairon36:20181114154807j:plain

096.魔弾の射手 マックス(スーパーレア)
097.魔弾の射手 カスパール(レア) 
098.魔弾-ネバー・エンドルフィン
099.魔弾-デスペラード
100.魔弾-ダンシング・ニードル

最後は「魔弾」になります。

テーマ内で使えるようなカードで固められているので、「魔弾」向けの紹介になります。

「魔弾」の再録カードは、10期に登場したテーマだからだと思いますが、意外と抑えられている印象ですが、「魔弾の射手 カスパール」の再録は、拾っておきたいところです。

あとは、「魔弾」デッキを作るにあたっては、「魔弾の射手 スター」や「魔弾-クロス・ドミネーター」、「魔弾-デッドマンズ・バースト」あたりを揃えたいところです。

 

「魔弾の射手 マックス」は、「魔弾」モンスター1体でリンク召喚できて、「魔弾」モンスターか、「魔弾」魔法・罠カードを手札に加えれるので、ぜひとも採用したいモンスターです。

 

 

最後に

お疲れさまでした。
前半編に続き、後半編はいかがでしたでしょうか?
シングル買いのヒントになっていれば幸いでございます。

 

最後まで目を通していただき、ありがとうございました。

では、私ハイロンはこのあたりで失礼したいと思います。