Mi☆Light(ミライト)

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【相互RSS】

「デュエリストパック-レジェンド・デュエリスト編4-(DP21)」 のおすすめカード!<新規カード編>

 

どうも、ハイロンです!

 いつものように、「デュエリストパック-レジェンド・デュエリスト編4-(以下「DP21」と省略)」の中から良さそうなカードやオススメできそうと管理人が思ったカードを【新規カード編】と【再録カード編】に分けて紹介したいと思います。

 

今回は新規カードからの紹介です。

 

ガーデン・ローズ・メイデン&月光舞剣虎姫

●ガーデン・ローズ・メイデン

星5 闇 植物族/シンクロ 1600/2400 
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが特殊召喚に成功した場合に発動できる。自分のデッキ・墓地から「ブラック・ガーデン」1枚を選んで手札に加える。

②:墓地のこのカードを除外し、自分の墓地の、「ローズ・ドラゴン」モンスターまたはドラゴン族Sモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。

 

●月光舞剣虎姫

星9 闇 獣戦士族/融合 3000/2600 
「ムーンライト」モンスター×3
このカードは融合召喚でしか特殊召喚できない。このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードの攻撃力は、お互いの墓地の獣戦士族モンスター及び除外されている獣戦士族モンスターの数×200アップする。

②:このカードは相手の効果の対象にならない。

③:墓地のこのカードを除外し、自分フィールドの融合モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターの攻撃力はターン終了時まで3000アップする。この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 どちらも植物デッキや「ムーンライト」デッキでも活躍できるカードですので、それらのデッキ作りを考えている場合もオススメできますが、その他のデッキで利用できそうな効果は、「ガーデン・ローズ・メイデン」の2番目の効果と「月光舞剣虎姫」の3番目の効果です。

 

「ガーデン・ローズ・メイデン」はシンクロ寄りの効果で、墓地の「ローズ・ドラゴン」モンスターまたはドラゴン族シンクロモンスター1体を蘇生させる効果を持ちます。

 

 一方「月光舞剣虎姫」は融合モンスター寄りの効果で、自分の融合モンスター1体の攻撃力をターン終了時まで3000アップさせるので、融合モンスターの攻撃力次第ではデュエルを終わらせれるぐらいのモンスターに化けます。

ただ、「月光舞剣虎姫」の3番目の効果は墓地へ送られたターンには発動できないので、次の自分のターンを待たなければなりませんが…。

 

どちらも『墓地のこのカードを除外』すると効果を発動できますので、「おろかな重葬」でEXデッキから墓地へ送るという手段も取れます。

 

その他には、「轟雷帝ザボルグ」や「影霊衣の万華鏡」、「サイバー・ダーク・クロー」などを使って送るといった方法があります。

 

〈オススメポイント!〉
「旧神ヌトス」、「PSYフレームロード・Ω」、「補食植物キメラフレシア」などに続く、「おろかな重葬」で送りたい候補生!

 

闇薔薇の妖精

星2 闇 天使族 800/1000 
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:チューナーが特殊召喚された場合に発動できる。このカードを手札から特殊召喚する。

②:このカードが墓地に存在する場合、自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送って発動できる。このカードをデッキの一番上または一番下に戻す。

もし、自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送る手段が欲しいと思っていたり、デッキトップを確定させたいと思っているのならば、これからは「闇薔薇の妖精」の存在を考えてみたいところです。

 

「闇薔薇の妖精」は墓地にいる時に、自分の手札・フィールドのカード1枚を墓地へ送ると、デッキの一番上か、デッキの一番下に戻るという2番目の効果を持っています。

(特殊召喚じゃなく、戻るです。)

 

この「闇薔薇の妖精」の効果から、

ダンディライオン」に代表されるような墓地へ送られた場合に効果が発動するカードのトリガーにしたり、「真実の名」のようなデッキの一番上のカード名を宣言したりするカードの発動を助けるカードとなりそうです。

 

〈オススメポイント!〉
墓地へ送るがトリガーになる効果やデッキトップが確定していることが戦術の要になるデッキのお共に!


冷薔薇の抱香

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドの表側表示モンスター1体を墓地へ送って発動できる。そのモンスターの種族によって以下の効果を適用する。
●植物族:このターンのエンドフェイズに、自分はデッキから2枚ドローし、その後手札を1枚選んで捨てる。
●植物族以外:デッキからレベル4以下の植物族モンスター1体を手札に加える。

発動時に、墓地へ送ったモンスターの種族によって、効果が変わる速攻魔法です。

 

墓地へ送ったモンスターの種族が植物族なら、発動タイミングがエンドフェイズで遅いですが、2枚ドロー後に手札を1枚捨てる効果になります。
手札を入れ替えるような効果になりますので、手札に来てしまった「グローアップ・バルブ」や「スーポア」あたりを送れたらいいですね。

 

墓地へ送ったモンスターの種族が植物族以外なら、レベル4以下の植物族を1体サーチする効果となります。
こちらは、制限カードである「ローンファイア・ブロッサム」や「ダンディライオン」、「捕食植物オフリス・スコーピオ」あたりをサーチできればいいですね。

 

 どちらの効果を使うにしても損するので、速攻魔法である点を活かして、相手のモンスター除去にチェーンして発動するのが、アドバンテージ的に損しない使い方となります。

 

〈オススメポイント!〉
状況によって、効果を使い分けれるユーティリティ速攻魔法カード!
※ただし、植物族の採用は必須!!

 

超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ

 星11 地 機械族/エクシーズ 4000/4000
レベル11モンスター×3
超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ」は1ターンに1度、自分フィールドのランク10の機械族Xモンスターの上に重ねてX召喚する事もできる。

①:1ターンに1度、このカードのX素材を1つ取り除いて発動できる。このカードの攻撃力・守備力は2000アップする。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はこのカードでしか攻撃宣言できない。

②:このカードは1度のバトルフェイズ中にこのカードのX素材の数+1回まで相手モンスターに攻撃できる。

このカードを使うなら、ランク10の「No.81 超弩級砲塔列車スペリオル・ドーラ」や「超弩級砲塔列車グスタフ・マックス」、「超巨大空中宮殿ガンガリディア」などを出せるようなレベル10が主力になってくるデッキで採用したい1枚。

 

効果は、戦闘に特化したもので、至ってシンプルです。

1番目の効果を使ってしまうと、「超弩級砲塔列車ジャガーノート・リーベ」でしか攻撃できなくなりますが、攻撃力・守備力を2000アップさせる効果になります。

つまり、6000打点となって殴ることになります。

しかもこの効果は、『エンドフェイズ時まで』という記載がないため、攻撃力の上昇は永続的に上がったままの効果になります。

 

 2番目の効果は、エクシーズ素材を取り除かない効果で、エクシーズ素材の数+1回まで相手モンスターに攻撃できる効果。

6000打点がモンスターに攻撃してくるのは恐怖でしかありませんね。

 

脳筋好きな人にはオススメのモンスターになります。

 

〈オススメポイント!〉
ランク10の機械族エクシーズモンスターから重ねてエクシーズできる、攻撃力がデカい大型エクシーズモンスター!

 

爆走軌道フライング・ペガサス

星4 地 機械族 1800/1000 
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合、「爆走軌道フライング・ペガサス」以外の自分の墓地の機械族・地属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを効果を無効にして守備表示で特殊召喚する。

②:このカード以外の自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターとこのカードのレベルは、その内の1体のレベルと同じになる。この効果を発動するターン、自分はXモンスターでしか攻撃宣言できない。

効果は至ってシンプルで、召喚・特殊召喚成功時に、墓地の機械族・地属性モンスター1体を効果を無効にして特殊召喚するというもの。

守備表示で特殊召喚なので、機械族・地属性というステータスであっても、リンクモンスターの特殊召喚は不可になります。

 

2番目の効果は、このカードか、対象となったモンスターのどちらかのレベルにできるレベル調整効果です。

 

この効果もあるので、1番目の効果で蘇生する機械族・地属性モンスターは、レベルが異なっていても、それは違うランクのエクシーズモンスターを出せるということにもなるので、面白い効果となってます。

 

なお、テキストでは『自分フィールドの表側表示モンスター1体を対象』なので、この効果で蘇生したモンスター以外も選ぶことができます。

(これは覚えておいたほうがいいでしょう)

 

 〈オススメポイント!〉
機械族・地属性モンスターを蘇生できる+レベル調整からエクシーズ召喚へ繋げれるモンスター

 

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

新規カードのオススメポイント!とともに、取り上げてみました。

 

 今回は紹介しませんでしたが、字レアの「弾丸特急バレット・ライナー」も地属性・機械族デッキなら使えそうなので、地属性・機械族デッキを作る予定の人は、チェックしておいた方がいいかもしれません。

 

ではこのあたりで。

この記事が、DP21のパックで、何がいいカードなのか、何をシングル買いしたらいいのか、わからない人の参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

 

DP21の〈再録カード編〉はこちらです↓

yugioh-minor-labo.hatenablog.com