遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【パックのすすめ】管理人が選ぶ「サベージ・ストライク」 オススメカード!

いよいよ「サベージ・ストライク」の発売が近づいてきましたね。

今回の【パックのすすめ】では、「サベージ・ストライク」に収録が確定したカードの中から良さそうなカードやオススメできそうと管理人が思ったカードを紹介したいと思います。

 

何がいいカードなのか、何をシングル買いしたらいいのか、わからない人の参考になれば幸いです。 

 

では、管理人が「サベージ・ストライク」の収録確定分からピックアップしたカードはこちらです↓ 

サイコウィールダー&サイコトラッカー

ヴァレルロード・S・ドラゴン

サイバース・クアンタム・ドラゴン

ハイパーサイコライザー 

転生炎獣サンライトウルフ

灼熱の火霊使いヒータ

強欲で金満な壺

闇の増産工場

 

■サイコウィールダー&サイコトラッカー


f:id:hairon36:20181006230623j:image

 

サイコウィールダー

星3 地 サイキック族/チューナー 600/0
このカード名の、①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできず、②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分フィールドに「サイコウィールダー」以外のレベル3モンスターが存在する場合、このカードは手札から守備表示で特殊召喚できる。

②:このカードがS素材として墓地へ送られた場合、このカードをS素材としたSモンスターより低い攻撃力を持つフィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを破壊する。


f:id:hairon36:20181006230629j:image

サイコトラッカー

星3 地 サイキック族 1600/600
このカード名の①の方法による特殊召喚は1ターンに1度しかできない。

 ①:自分フィールドに「サイコトラッカー」以外のレベル3モンスターが存在する場合、このカードは手札から守備表示で特殊召喚できる。

②:このカードをS素材としたSモンスターは、攻撃力が600アップする。

 

どちらもレベル3モンスターが存在する場合に、手札から守備表示で特殊召喚できて、シンクロ素材になった時に効果が発動するサイキック族・レベル3モンスターです。

 

レベル3といえば、「彼岸」や「幻影騎士団」と言ったテーマがあり、そちらに「緊急テレポート」とともに出張させて、ランク3へのルートを増やしたり、展開力を高めるのもいいですね。

また、片方がチューナーなのでシンクロ戦術も取り込めます。

あとは最近のテーマだと、「パラディオン」もレベル3が多いので、そちらに入れるのもありかもですね。

 

 

 

■ヴァレルロード・S・ドラゴン


f:id:hairon36:20181006230713j:image

 星8 闇 ドラゴン族/シンクロ 3000/2500 
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の③の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。自分の墓地からリンクモンスター1体を選び、装備カード扱いとしてこのカードに装備し、そのリンクマーカーの数だけ、このカードにヴァレルカウンターを置く。

②:このカードの攻撃力は、このカードの効果で装備したモンスターの攻撃力の半分アップする。

③:相手の効果が発動した時、このカードのヴァレルカウンターを1つ取り除いて発動できる。その発動を無効にする。

 

ターン1ですが、このカードのヴァレルカウンター1つを取り除くことで、相手の効果の発動を無効にするカウンター系の効果を持つシンクロモンスターです。

リボルバー様の新たなエース級モンスターでもあります。)

 

ヴァレルカウンターは、装備したリンクモンスターのリンクマーカーの数だけ置けるので、リンクマーカーが多い方が有利になります。

さらに、装備したリンクモンスターの半分、攻撃力がアップするので、簡単に4000を超えることも!?

 

なお、「おろかな重葬」でリンク4のモンスターを送るという手もあります。 

 

 

 

■サイバース・クアンタム・ドラゴン


f:id:hairon36:20181011002955j:image

星7 闇 サイバース族/シンクロ 2500/2000
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
①:自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、相手はこのカード以外の自分フィールドのモンスターを、攻撃対象にできず、効果の対象にもできない。

②:1ターンに1度、このカードが相手モンスターと戦闘を行うダメージステップ開始時に発動できる。その相手モンスターを持ち主の手札に戻す。この効果を発動した場合、このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。

 

最近、強化されつつあるレベル7のシンクロモンスターです。

効果は、ダメージステップを利用したモンスターの手札バウンス効果(2番目の効果)を持ちますので、妨害を受けにくいかなと思います。

 

こういう系の効果は、効果を発動したら、攻撃が終了というパターンが多いのですが、このモンスターに関しては、そのあたりがフォローされていて、もう1度攻撃することができます。

 

また、リンクモンスターがいれば、相手はこのカード以外の自分フィールドのモンスターを、攻撃対象にできず、効果の対象にもできない1番目の効果もあります。

 

他の自分のモンスターは攻撃対象にならないので、まず相手はこのモンスターに攻撃しなければならず、それをすると2番目の効果が発動してしまう...といった感じになります。

 

相手がわざわざ攻撃しにくることはないと思うので、この効果は牽制にしかならなさそうですが。

(リンクモンスターも必要ですし...)

 

 

 

■ハイパーサイコライザー


f:id:hairon36:20181006230724j:image

星6 地 サイキック族/シンクロ 2000/600
チューナー+チューナー以外のモンスター1体以上
このカード名の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、このカードの攻撃力より低い攻撃力を持つモンスターは攻撃できず、このカードの攻撃力より高い攻撃力を持つフィールドのモンスターは効果を発動できない。

②:このカードが相手によって破壊され墓地へ送られた場合、自分の墓地の、種族と属性が同じとなるチューナー1体とチューナー以外のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを手札に加える。

 

1番目の効果は、様子見や序盤で立てておくには、いい効果かもしれませんね。

このカードより低いモンスターは、攻撃できず、このカードよりも高いモンスターは、効果を発動できない二面性のある効果を持っています。

なお、フィールドのモンスターなので、自分のモンスターも効果の影響を受けます。

 

2番目の効果は、サイコウィールダー&サイコトラッカーセットでシンクロした場合やデッキ構築の段階で、種族と属性を揃えておくと、効果の発動機会が増えそうです。

 

 

 

■転生炎獣サンライトウルフ


f:id:hairon36:20181006230732j:image

炎 サイバース族/リンク 1800 
炎属性の効果モンスター2体 【LINK-2:上/下】
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動できる。自分の墓地から炎属性モンスター1体を選んで手札に加える。このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できない。

②:このカードが「転生炎獣サンライトウルフ」を素材としてリンク召喚されている場合に発動できる。自分の墓地の「サラマングレイト」魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える。

 

このカードと次に紹介するカードは、炎属性寄りのカードになります。

 

こちらは「転生炎獣」とつくモンスターですが、炎属性全般で使える効果で、このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚されれば、自分の墓地の炎属性モンスターをサルベージできます。

なお、加えたモンスターはそのターン通常召喚・特殊召喚できませんが、効果は発動できます。

やはり、サルベージしたい筆頭候補は、使用した「灰流うらら」となるでしょうね。

 

2番目の効果は、「転生炎獣」が持つ同名モンスターを素材にして特殊召喚した場合の効果で、こちらは、「サラマングレイト」魔法・罠カードのサルベージなので、純構築では活かせそうな効果です。

 

このカードを使う時は、1番目の効果をメインに使うといいでしょう。

 

 

 

■灼熱の火霊使いヒータ


f:id:hairon36:20181006230753j:image

炎 魔法使い族/リンク 1850
炎属性モンスターを含むモンスター2体 【LINK-2:左下/右下】
このカード名はルール上「憑依装着」カードとしても扱う。このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:相手の墓地の炎属性モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターをこのカードのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。

②:リンク召喚したこのカードが戦闘または相手の効果で破壊された場合に発動できる。デッキから守備力1500以下の炎属性モンスター1体を手札に加える。

 

属性リンクシリーズは、 今度は「霊使い」シリーズとして始まるのでしょうか?

リンク素材指定は、「炎属性を含むモンスター2体」なので、炎属性が1体入っていればあと1体は何でもいいので、素材指定としてはゆるいタイプですね。

 

効果は、相手の墓地の炎属性モンスターをこのカードのリンク先に蘇生するというもの。

こちらも、環境デッキでは採用率高めの相手の「灰流うらら」を蘇生してきて、リンク3になるのが基本の流れかと思います。

また、戦闘・効果破壊されることに期待して、2番目のデッキから守備力1500以下の炎属性モンスター1体をサーチする効果を狙うといったことも、状況によっては選べますね。

 

サーチできる守備力1500以下の炎属性モンスターですが、個別モンスターでは「ジェット・シンクロン」や「怒炎壊獣ドゴラン」 など、カテゴリーモンスターとしては「インフェルノイド」や「不知火」、「炎王」などのテーマがサーチできます。

 

 

 

■強欲で金満な壺


f:id:hairon36:20181006230807j:image

通常魔法 
①:自分メインフェイズ1開始時に、自分のEXデッキの裏側表示のカード3枚または6枚をランダムに裏側表示で除外して発動できる。除外したカード3枚につき1枚、自分はデッキからドローする。このカードの発動後、ターン終了時まで自分はカードの効果でドローできない。

 

エクストラデッキを使わないデッキなら、普通に「強欲な壺」のように使えるドローソースで、除外した分によって1枚~2枚ドローできる魔法カードになります。

 

注意点としては、

・メインフェイズ1の開始時に使わなければならない。

・自分のEXデッキの裏側表示のカードが対象。

・ランダムに裏側で除外。

・発動後は、ターン終了時までカードの効果でドローできない。

の4点に注意が必要です。

 

このカードを使った後にできなくなるのはドローだけなので、サーチは問題なく行え、さらにこの手のドローソースによくあるような特殊召喚制限もないため、エクストラデッキに頼らない様なデッキであれば、採用できますね。

 

ターン1制限はついていませんが、自分メインフェイズの開始時にしか発動できないため、実質つけているようなものですね。 

 

 

 

■闇の増産工場


f:id:hairon36:20181006230820j:image

永続罠
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。

①:自分の手札・フィールドのモンスター1体を墓地へ送って発動できる。自分はデッキから1枚ドローする。

 

こちらもドローソースになりそうなカードです。

永続罠カードなので、引いてすぐに使えるカードとは言えないですが、自分の手札・フィールドのモンスター1体を1枚ドローに変換できます。

 

手札事故回避のために採用したり、墓地にいた方が都合のいいモンスターを墓地へ送っておいたり、破壊されそうなモンスターを墓地へ送ったり、相手からモンスターのコントロールを奪って、1ドローに変えたりといった使い方などいろいろとできそうです。

悪くないドローカードです。

 

 

いかがでしたでしょうか?

すでに出ている情報から9枚を取り上げてみましたが、もう欲しい過ぎるカードがちらほらあります。

 

さらに、今回紹介したカードの多くは、スーパー以上が多く、効果も優秀なため、20thシークレットレアは、ヤバそうですね...。

 

カードリストがすべて判明すれば、オススメカードがまた増えるかも...。

 

ではこのあたりで。

今から欲しい候補やシングル買いを考えるのに役立てて頂ければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!