ハイロンの遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードにもっと光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

【パックのおすすめ】シングル買いに最適!?回収しておきたい「ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-」 のカード!!

どうも、ハイロンです。

 

今回の【パックのすすめ】は、収録カードが判明した「ストラクチャーデッキR-アンデットワールド-」から、良いカードやオススメできそうと管理人が思ったカードを紹介したいと思います。

 

 ただ、アンデット族のストラクチャーデッキ(以下、「ストラク」と省略。)なので、アンデット族寄りになる点はあらかじめご了承ください!

 

では、管理人がストラクRからピックアップしたカードはこんな感じです↓ 

【新規枠】

死霊王 ドーハスーラ

タツネクロ

アンデット・ネクロナイズ

グローアップ・ブルーム

 

【再録枠】

茫漠の死者

相乗り

魔封じの芳香

 

【新規枠】

新規カードは、アンデット族のストラクということで、アンデット族に絡むカードが多いのが特徴ですが、出張できそうなカードも一部あるので、発売後の動向にも注目したいです。

 

■死霊王 ドーハスーラ


f:id:hairon36:20180919233800j:image

星8 闇 アンデット族 2800/2000 ウルトラレア
このカード名の(2)の効果は1ターンに1度しか使用できない。

(1):「死霊王 ドーハスーラ」以外のアンデット族モンスターの効果が発動した時に発動できる。以下の効果から1つを選んで適用する。このターン、自分の「死霊王 ドーハスーラ」の効果で同じ効果を適用できない。

●その効果を無効にする。

●自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を選んで除外する。

(2):フィールドゾーンに表側表示でカードが存在する場合、自分・相手のスタンバイフェイズに発動できる。このカードを墓地から守備表示で特殊召喚する。

今回のストラクのウルトラ2トップのうちの1枚です。

アンデット族モンスターの効果が発動した時に、「その効果を無効にする」or「自分または相手の、フィールド・墓地のモンスター1体を除外で除去できる」効果のどちらかを選べます。

 

基本的な使い方としては、「アンデットワールド」を発動しておいた上で、

相手のアンデット族(となった)モンスターの効果が発動した時には、効果無効の方を、

自分のアンデット族(となった)モンスターの効果が発動した時には、モンスターを除外する効果の方をまず考えればいいと思います。

 

なお、「アンデットワールド」がなくても、手札誘発の「灰流うらら」や「屋敷わらし」、「浮幽さくら」がアンデット族なので、それらのモンスターの発動をトリガーにするといったこともできます。

 

 また、このモンスターには、『フィールドゾーンに表側表示でカードが存在する場合』という比較的緩い条件で、自分・相手のスタンバイフェイズに墓地から特殊召喚できる不死の能力も持っています。

 

この緩い条件のおかげで、「ユニゾンビ」や「牛頭鬼」だけでなく、 「終末の騎士」でもデッキから墓地へ送れます。

「終末の騎士」とともにアンデット族デッキ以外にも出張させてもいいかもしれないですね。

ただ、『フィールドゾーン』なので、フィールド魔法も合わせて採用しなければなりませんが。

 

 

タツネクロ

 

f:id:hairon36:20180920112556j:image

星3 闇 アンデット族/チューナー 500/1700
通常召喚したこのカードを素材としてS召喚する場合、手札のモンスター1体をS素材にできる。その時のS素材モンスターは墓地へは行かず除外される。

(1):このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

こちらは、今回の特典カードのうちの1枚です。

可愛いアンデット族ですねw

 

効果により、シンクロ先(シンクロだけに限りません)の縛りはアンデット族になりますが、このカードを召喚すれば、レベルに関係なく手札のモンスターをシンクロ素材にできるのは、なかなかいいですね。

 

 「不知火」や「魔妖」のおかげで、昔に比べてアンデット族シンクロモンスターが揃っているので、今ならシンクロ先には困らない(?)

 

 

■グローアップ・ブルーム


f:id:hairon36:20180920112613j:image

星1 闇 アンデット族/チューナー 0/0
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが墓地へ送られた場合、墓地のこのカードを除外して発動できる。デッキからレベル5以上のアンデット族モンスター1体を手札に加える。フィールドゾーンに「アンデットワールド」が存在する場合、手札に加えず特殊召喚する事もできる。この効果の発動後、ターン終了時まで自分はアンデット族モンスターしか特殊召喚できない。

新規カードのうちの1枚。

墓地へ送られるだけで、自身を除外すれば、レベル5以上のアンデット族1体をサーチできる効果を持っています。

さらに「アンデットワールド」があれば、サーチしたモンスターを特殊召喚できます。

 

実用性で考えるなら、「ヴァンパイア・フロイライン」や「茫漠の死者」あたりがサーチor特殊召喚候補になりますが、特殊召喚を想定しないのであれば、特殊召喚が出来ないスピリットモンスターの「砂塵の悪霊」や「ヴェンデット」儀式モンスターもサーチ候補に入ってきます。

 

レベル1のチューナーなので、デッキから墓地へ送るだけでなく、シンクロ召喚の素材にしたり、リンク素材にして、効果の発動を狙うといいでしょう。

 

 

■アンデット・ネクロナイズ

通常魔法
このカード名の(1)(2)の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。

(1):フィールドにレベル5以上のアンデット族モンスターが存在する場合、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターのコントロールをエンドフェイズまで得る。

(2):このカードが墓地に存在する場合に発動できる。除外されている自分のアンデット族モンスター1体を選んでデッキに戻し、このカードを自分フィールドにセットする。この効果でセットしたこのカードはフィールドから離れた場合に除外される。

 レベル5以上のアンデット族モンスターが存在する場合に、相手モンスター1体のコントロールをエンドフェイズまで得る新規の魔法カード。

発動条件としては緩い方で、レベル5以上のアンデット族が多い「ヴァンパイア」デッキなら普通に入りそうですね。

 

しかも一度使い終わっても、除外されている自分のアンデット族モンスター1体をデッキに戻すことで、再びセットできます。

 

 

【再録枠】

アンデット族デッキ向けなら、

デッキからの特殊召喚系カードとしての「ピラミッド・タートル」や「不知火の隠者」、

手札からの特殊召喚できるカードとして「ミイラの呼び声」、
デッキからのサーチする「ゴブリンゾンビ」、

蘇生系カードの「ゾンビ・マスター」や「生者の書-禁断の呪術-」、「馬頭鬼」、

デッキから墓地へ送る系としての「牛頭鬼」や「ユニゾンビ」、

などがオススメですが、今回の再録枠からは、汎用性的なものを取り上げたいと思います。

 

■茫漠の死者

星5/闇属性/アンデット族/攻 ?/守 0
自分のライフが2000以下の場合、このカードは手札から特殊召喚する事ができる。
このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、このカードの攻撃力は相手のライフポイントの数値の半分になる。

定期購読の特典カードで、高かった記憶があるモンスターです。

召喚・特殊召喚成功時に、このカードの攻撃力は相手のライフポイントの数値の半分になる攻撃力上昇効果を持っています。

 

1ターン目に召喚・特殊召喚できれば攻撃力4000のアタッカーとなるため、そういうタイプのカードが好きな人にとっては、手に入れておきたいカードかもしれませんね。

 

ちなみに、自分のライフが2000以下の場合、手札から特殊召喚できるモンスターですが、普通にアドバンス召喚や「ピラミッド・タートル」や「生者の書-禁断の呪術-」などのその他の特殊召喚でも攻撃力上昇効果が発動します。

 

このカードを軸に組むタイプのアンデット族デッキもいいかもしれません。

 


■相乗り

速攻魔法
このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
(1):このターン、相手がドロー以外の方法でデッキ・墓地からカードを手札に加える度に、自分はデッキから1枚ドローする。

「増殖するG」は、相手の特殊召喚に対して1枚ドローできますが、

「相乗り」は、相手のサーチやサルベージに対して1枚ドローできる速攻魔法カード。

 

サーチ多用するデッキもあるので、それに対する抑止力として手に入れておきたいところです。

さりげなくノーマルレアだったので、再録は助かるところです。

 

 

 ■魔封じの芳香

永続罠
(1):このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、セットしたプレイヤーから見て次の自分ターンが来るまで発動できない。

魔法カードの発動をワンテンポ遅らせる、行動が狂うメタビート系の永続罠カード。

魔法カードを使わないデッキは、ほとんどないと言っても過言ではないので、発動すると影響大です。

 

ただ、自分も影響を受けるので、デッキ内の魔法カードの比率を下げるなどの構築上の工夫が必要になりますが...。

 

魔法カードを多用するデッキ(今で言えば、「閃刀姫」)や、ペンデュラムデッキに刺さるので、この機会に3枚揃えておくといいと思います。

持っていなかった人には、まさに朗報と言える再録でしょう。

 

いかがでしたでしょうか?

今回のストラクからは、7枚を取り上げてみました。

 

再録枠からは、汎用性のあるものを取り上げましたが、アンデット族デッキを作る上で必要なパーツが一通り揃っているので、アンデット族デッキを作ってみたいと考えている人は、ここから始めてもいいかと思います。

 

そして、10月のパックでもアンデット族の進撃は続く…。

 

ではこのあたりで。

シングル買いに役立てて頂ければ幸いです。

最後まで読んでいただきありがとうございました!