遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「溟界妃-アミュネシア」を考察!

【スポンサーリンク】

どうもハイロンです!

今回は、【デッキビルドパック-エンシェント・ガーディアンズ-】の【溟界】テーマから「溟界妃-アミュネシア」を考察します。

「溟界妃-アミュネシア」のカード効果

f:id:hairon36:20210227113834j:plain

星8/闇属性/爬虫類族/攻2700/守2100
このカード名の①②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが墓地に存在する場合、自分フィールドのモンスター2体をリリースして発動できる。このカードを特殊召喚する。
②:相手の墓地からモンスターが特殊召喚された場合に発動できる。
相手フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送る。
③:相手の手札・デッキからモンスターが墓地へ送られた場合に発動できる。自分の墓地から「溟界妃-アミュネシア」以外の光・闇属性の爬虫類族モンスター1体を選んで特殊召喚する。

「溟界妃-アミュネシア」の登場で何ができるのか?

①自己蘇生

「溟界妃-アミュネシア」の①の効果は、自分の場にいるモンスター2体をリリースすることで、墓地から自己蘇生する効果になってます。

 

「溟界の黄昏-カース」や「溟界の昏闇-アレート」に比べると、リリースするモンスターが増えてますが、自己蘇生後のデメリット効果がないのが違う点で、リリース

が増えた分は、トークンやリリースされた場合・墓地へ送られた場合の効果を持つモンスターで軽減したいところです。

 

②相手のカード除去

 「溟界妃-アミュネシア」の②の効果は、相手フィールドのカード1枚を選んで墓地へ送るカード除去で、相手の墓地からモンスターが特殊召喚された場合に発動できます。

 

除去するカードに関しては、カードの種類を問わない点と効果の処理時に選ぶので対象を取る効果ではない点の2つの特徴があります。

 

なお、相手の墓地を経由してモンスターが特殊召喚されればよいため、そのモンスターが、相手の墓地から相手の場に特殊召喚されても、相手の墓地から自分の場に特殊召喚されても、トリガーになる点は要チェックポイントとなります。

 

【溟界】では、「溟界の黄昏-カース」、「溟界の漠-フロギ」、「溟界の虚」が 「溟界妃-アミュネシア」の②の効果を満たせるカードとなります。

 

③墓地から爬虫類族モンスターを蘇生

「溟界妃-アミュネシア」の③の効果としては、相手の手札・デッキからモンスターが墓地へ送られた場合という条件を満たすと、自分の墓地から「溟界妃-アミュネシア」以外の光・闇属性の爬虫類族モンスター1体を蘇生する効果が使えます。

 

【溟界】では、手札を墓地へ送る手段としては「溟界王-アロン」や「溟界の漠-ゾーハ」、デッキからは「溟界の淵源」の効果がありますが、モンスターにしか対応していない点に注意です。

 

蘇生するモンスターとしては、 レベル8の「溟界」モンスターや「溟界の滓-ナイア」、「エーリアン・ソルジャー M/フレーム」、「レプティレス」のチューナーあたりが候補になります。

他のカードとの連携

天龍雪獄 シークレットレア 遊戯王 ライズ・オブ・ザ・デュエリスト rotd-jp079

「溟界妃-アミュネシア」と連携が取れるカードとしては、相手の墓地からモンスターを特殊召喚できるカードや相手の手札・デッキからモンスターを墓地へ送るカードが候補となってきます。

 

「溟界妃-アミュネシア」の②の効果のトリガーとして、 相手の墓地から相手モンスターを自分の場に特殊召喚できるカードとしては、「死者蘇生」や「天龍雪獄」が扱いやすく、次点としては「浅すぎた墓穴」、「スタンド・イン」、「自律行動ユニット」、「逢魔ノ刻」といったカードが控えていたりします。

 

相手の手札やデッキからモンスターを墓地へ送るカードとしては、ハンデスカードやデッキの上からカードを墓地へ送る効果を持つカードを使ってもいいですが、ランダム要素が絡むことが多いので、「溟界妃-アミュネシア」の③の効果を発動できないこともあります。

 

ただ、【溟界】や爬虫類族モンスターには闇属性が多いことから、「悪のデッキ破壊ウイルス」などのウイルスカードであれば、相手の手札やデッキのモンスターを破壊して、結果的に墓地へ送るので、そちらであれば確実性が上がりますし、ウイルスカードのコストにしたモンスターが爬虫類族であれば、「溟界妃-アミュネシア」の蘇生効果で取り戻せます。

 

リリースして墓地から自己再生する効果については、関連記事に貼っておくので、そちらを見ていただければと思います。

感想・まとめ

今回は、【溟界】から「溟界妃-アミュネシア」について考察しました。

確実に相手の手札やデッキからモンスターを墓地へ送るカードを思い浮かべていましたが、ウイルスカードの存在をすっかり忘れていました(笑)

しかも「溟界」には、闇属性がいて、自己蘇生効果を持っているので、相性が悪いわけはないですね。

 

「溟界妃-アミュネシア」の効果は、「溟界王-アロン」のトリガーにもなり、「溟界王-アロン」の効果は、「溟界妃-アミュネシア」のトリガーになるので、一度、2体を並べてみたいですね。

 

ではこれで、「溟界妃-アミュネシア」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com