遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「溟界の虚」を考察!

【スポンサーリンク】

どうもハイロンです!

今回は、【デッキビルドパック-エンシェント・ガーディアンズ-】の【溟界】テーマから「溟界の虚」を考察します。

「溟界の虚」のカード効果

f:id:hairon36:20210224150642j:plain

 永続罠
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分・相手のメインフェイズに、自分フィールドの爬虫類族の効果モンスター1体をリリースし、相手の墓地のモンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを自分フィールドに特殊召喚する。この効果で特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに墓地へ送られる。
②:魔法&罠ゾーンの表側表示のこのカードが墓地へ送られた場合に発動する。爬虫類族モンスター以外の自分フィールドの表側表示モンスターを全て墓地へ送る。

「溟界の虚」の登場で何ができるのか?

①相手の墓地のモンスターを蘇生

「溟界の虚」は、自分・相手のメインフェイズに相手の墓地のモンスターを自分の場に特殊召喚する効果で、自分の場にいる爬虫類族の効果モンスター1体をリリースすることで発動できます。

相手の墓地からモンスターを特殊召喚するカードなので、「溟界妃-アミュネシア」のトリガーになります。

 

リリースする爬虫類族の効果モンスターとしては、除去されそうな爬虫類族モンスターを選んだり、このカードをサーチできる「溟界の滓-ナイア」をリリースしたり、ドロー効果を持つ「イピリア」、墓地で効果を発動できる「ヤモイモリ」、守備表示でいると自分のエンドフェイズには攻撃表示になってしまう「レプティレス・ナージャ」あたりが候補となってくるでしょう。

ちょっと変わったところでは、「エヴォルド」もいて、リリースされた場合に効果を発動できるモンスターがいるので、「溟界の虚」をそれらのトリガーにできたりします。

 

なお、特殊召喚したモンスターはエンドフェイズに墓地へ送られるので、墓地へ送られた場合をトリガーとするモンスターをなるべく蘇生しないようにしたいですね。

感想・まとめ

今回は、【溟界】の「溟界の虚」について考察しました。

爬虫類族の効果モンスターと指定されているため、トークンは残念ながら利用できませんが、相手のカードによって除去されそうになったモンスターや、効果を発動するために一度、場に出しておかなければならないモンスターを「溟界の虚」でリリースできれば良さそうですね。

 

なお、本編では触れませんでしたが、「溟界の虚」が場から墓地へ送られた場合に、「爬虫類族モンスター以外の自分フィールドの表側表示モンスターを全て墓地へ送る」というデメリット効果があるので、爬虫類族以外のモンスターを採用している場合は、注意が必要です。

ではこれで、「溟界の虚」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com