遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「ドドレミコード・クーリア」を考察!

【スポンサードリンク】

どうもハイロンです!

今回は、【デッキビルドパック-エンシェント・ガーディアンズ-】の【ドレミコード】テーマから「ドドレミコード・クーリア」を考察します。

「ドドレミコード・クーリア」のカード効果

 f:id:hairon36:20210224152115j:plain

星8 風 天使族/ペンデュラム 2700/2500 
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。

①:このカードは自分フィールドのPモンスター2体をリリースして手札から特殊召喚できる。

②:相手フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。そのカードの効果を相手ターン終了時まで無効にする。自分のPゾーンに奇数のPスケールが存在する場合、この効果の対象を2枚にできる。

③:自分のPゾーンの一番高いPスケール×300以下の攻撃力を持つフィールドのモンスターの効果が発動した時に発動できる。そのモンスターを破壊する。
【P効果 青1/赤1】
①:自分の「ドレミコード」PモンスターのP召喚成功時に相手はモンスターの効果・魔法・罠カードを発動できない。

「ドドレミコード・クーリア」の登場で何ができるのか?

①手札からの特殊召喚

「ドドレミコード・クーリア」は、手札からも特殊召喚できるモンスターで、自分フィールドのペンデュラムモンスター2体をリリースして、特殊召喚できます。

なお、リリースするペンデュラムモンスターには指定がないので、他のデッキでも取り入れることができます。

 

【ドレミコード】では、「ドドレミコード・クーリア」で「レドレミコード・ドリーミア」をサーチし、ペンデュラムゾーンに「ドレミコード」カードが存在すれば、そのまま「レドレミコード・ドリーミア」を手札から特殊召喚することで、「ドドレミコード・クーリア」の特殊召喚の準備が整います。

 

②相手の表側のカードの効果無効

「ドドレミコード・クーリア」の②の効果では、相手の表側のカード1枚の効果を無効にできる効果になります。

無効にする期間は、相手ターン終了時までと長く、自分のペンデュラムゾーンに奇数のペンデュラムスケールが存在する場合対象を2枚にできるというオマケ付きです。

 

すでに発動している相手の盤面の厄介なカードを無効にしたり、相手のターン中で発動できる効果を予め無効にしておいたりと、いろいろと場面に応じて使えます。

 

③効果を発動したモンスター除去

 「ドドレミコード・クーリア」の③の効果は、モンスター除去効果で、自分のペンデュラムゾーンの一番高い方のペンデュラムスケール×300以下の攻撃力を持つフィールドのモンスターの効果の発動をトリガーに、そのモンスターを破壊できます。

 

「ドレミコード」の中では、今のところ「ドドレミコード・キューティア」が1番高いペンデュラムスケールの8なので、攻撃力2400以下のモンスター効果しか破壊できませんが、ペンデュラムスケールが高くなれば高くなるほど、破壊できる対象が広がる効果となってます。

 

感想・まとめ

今回は、【ドレミコード】から「ドドレミコード・クーリア」を考察しました。

手札から特殊召喚できる効果と、カード効果の無効&モンスター除去効果を持ちますが、 「ドレミコード」寄りの効果ではないため、ペンデュラム全般に入れることができそうな効果となってますね。

 

ではこれで、「ドドレミコード・クーリア」のカード考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

関連記事

yugioh-minor-labo.hatenablog.com