遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

「ガスタ・ヴェズル」、「ダイガスタ・ラプラムピリカ」、「ガスタへの追い風」を考察!

【スポンサードリンク】

どうもハイロンです!

今回は、「遊戯王OCGタイムズ」内で、【ドーン・オブ・マジェスティ】に収録されることが判明した「ガスタ」の新規カード3枚を考察したいと思います。

「ガスタ・ヴェズル」のカード効果について

f:id:hairon36:20210414013425j:plain

星3/風属性/鳥獣族/チューナー/攻 600/守1000
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが手札に存在し、フィールドの表側表示の「ガスタ」モンスターが、
戦闘で破壊された場合、または自分の墓地へ送られた場合に発動できる。このカードを特殊召喚する。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。デッキから「ガスタ」モンスター1体を墓地へ送る。その後、手札から「ガスタ」モンスター1体を特殊召喚できる。

「ガスタ・ヴェズル」で何ができるのか?

ここでは、「ガスタ・ヴェズル」を使って何ができるのかを解説します。

①手札からの特殊召喚

まず「ガスタ・ヴェズル」には手札で発動できる効果として、フィールドの表側表示の「ガスタ」モンスターが、

●戦闘で破壊された場合

●自分の墓地へ送られた場合 

のどちらかの条件を満たせば、手札から特殊召喚できる①の効果を持っています。

どちらも「ガスタ」では簡単に狙え、前者は「ガスタ」モンスターのリクルート効果を発動すると満すことができ、後者はシンクロやリンク素材に使うと満たせます。

②「ガスタ」モンスターの墓地肥やし+手札からの特殊召喚

「ガスタ・ヴェズル」が召喚・特殊召喚に成功すると、まずデッキから「ガスタ」モンスター1体を墓地へ送れます。

「ガスタ・ヴェズル」の①の効果で特殊召喚すれば、自然と②の効果の発動を狙うこともできますね。

 

今のところは「ガスタ」モンスターには、デッキから墓地へ送られた時に効果を発動できるモンスターはいませんので、直接は効果を活かすことはできませんが、「ダイガスタ・スフィアード」のサルベージ対象を送ったり、「ガスタの賢者  ウィンダール」や「ガスタの神裔  ピリカ」 の蘇生対象を墓地へ送ったり、「ガスタの静寂 カーム」のコストや「ガスタの交信」の効果などのモンスターでデッキに戻す「ガスタ」モンスターの確保がメインとなります。

 

それから、その後の効果として 手札から「ガスタ」モンスター1体を特殊召喚できますが、こちらは任意なので、墓地肥やしだけで終わることもできます。

なお、手札から特殊召喚できる「ガスタ」にはレベル制限がないので、非チューナーのレベル3を特殊召喚してシンクロ召喚へ繋げたり、上級モンスターである「ガスタの賢者  ウィンダール」や「ガスタの疾風 リーズ」を特殊召喚ができます。

 

どちらの効果も「ダイガスタ・スフィアード」と相性がよく、モンスターの頭数を増やしたりできるので、これからはシンクロ召喚に通常召喚権を使っても良さそうです。

「ダイガスタ・ラプラムピリカ」のカード効果について

f:id:hairon36:20210414013447j:plain

 星6/風属性/サイキック族/シンクロ/攻1900/守2600
チューナー+チューナー以外の「ガスタ」モンスター1体以上
自分は「ダイガスタ・ラプラムピリカ」を1ターンに1度しか特殊召喚できない。
①:このカードがS召喚に成功した場合に発動できる。「ガスタ」モンスターを手札及びデッキから1体ずつ効果を無効にして特殊召喚し、その2体のみを素材として「ガスタ」Sモンスター1体をS召喚する。このターン、自分は風属性モンスターしか特殊召喚できない。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの他の「ガスタ」Sモンスターは相手の効果の対象にならない。

「ダイガスタ・ラプラムピリカ」で何ができるのか?

ここでは、「ダイガスタ・ラプラムピリカ」を使って何ができるのかを解説します。

「ガスタ」モンスターのシンクロ召喚

「ダイガスタ・ラプラムピリカ」は、シンクロ召喚の成功で、さらに「ガスタ」のシンクロ召喚をできる効果を持っています。

なお、その時のシンクロ素材は、手札とデッキの「ガスタ」モンスターを特殊召喚してそのままシンクロ召喚を行うため、とりあえず手札に「ガスタ」モンスターがいれば、チューナー・非チューナーを問わないのは良い点ですが、シンクロ先が「ガスタ」のシンクロモンスターに限定されているため、出せる範囲はレベル4〜レベル7となります。

「ガスタへの追い風」のカード効果について

f:id:hairon36:20210414135036j:plain

装備魔法
「ガスタ」モンスターにのみ装備可能。
このカード名の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:装備モンスターは相手の効果では破壊されない。
②:装備モンスターのレベル・ランクによって以下の効果を発動できる。
●4以下:装備モンスターとは種族が異なる「ガスタ」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。
●5以上:デッキからレベル1チューナー1体を特殊召喚する。
③:墓地のこのカードを除外し、手札から風属性モンスター1体を捨てて発動できる。デッキから「ガスタ」魔法・罠カード1枚を手札に加える。 

「ガスタへの追い風」で何ができるのか?

ここでは、「ガスタ」モンスターにのみ装備できる「ガスタへの追い風」を使って何ができるのかを解説します。

①相手の効果破壊耐性の付与

まず「ガスタへの追い風」は、装備モンスターに『相手の効果で破壊されない』という耐性をつける効果があります。

これを装備することによって、シンクロモンスターを守れることができます。

特に、「ダイガスタ・スフィアード」に装備すると、破壊耐性に対してはカバーできることになります。

②デッキからモンスターを特殊召喚

「ガスタへの追い風」のメインは②の効果で、デッキからモンスターを特殊召喚できますので、このカードと「ガスタ」モンスター1体だけで、シンクロ召喚へ繋げることができます。

なお、装備しているモンスターのレベル・ランクによって、その特殊召喚できるモンスターが変わります。

●レベル・ランクが4以下:装備モンスターとは種族が異なる「ガスタ」モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

●レベル・ランクが5以上:デッキからレベル1チューナー1体を特殊召喚する。

ポイントとしては、レベル・ランクが4以下の場合は、特殊召喚できるモンスターのレベルは関係ないですが、装備モンスターとは種族が異なる「ガスタ」と指定されているのに対して、レベル・ランクが5以上の場合は、特殊召喚するモンスターは「ガスタ」である必要はないですが、レベル1のチューナー指定になっている点になります。

 

こちらも「ダイガスタ・スフィアード」に装備していると、「ガスタ・イグル」を特殊召喚でき、「ガスタ・イグル」から「ガスタの巫女 ウィンダ」や「ガスタの神裔 ピリカ」というルートへ繋ぐことができます。

③手札の風属性をコストで捨てる+「ガスタ」魔法・罠カードのサーチ

「ガスタへの追い風」が墓地へ落ちていれば、③の効果の出番になります。

「ガスタへの追い風」の③の効果は、このカードの除外と手札の風属性モンスターを1体をコストとして捨てることで、デッキから「ガスタ」魔法・罠カード1枚をサーチできます。

最近のサーチ効果では珍しく、同名カードもサーチできるため、このカードだけの採用でも良く、手札から捨てる風属性としては、やはり手札から墓地へ送られた場合に、デッキから「ガスタ」モンスターを特殊召喚できる「ガスタ・グリフ」が適任となってきます。

感想・まとめ

今回は、判明した「ガスタ」の新規カードについて考察しました。

やはり「ガスタ・ヴェズル」と「ガスタへの追い風」の2枚が、「ガスタ」デッキの中心的な存在である「ガスタの神裔 ピリカ」や「ダイガスタ・スフィアード」に繋がりつつ、「ガスタ・グリフ」といったカードにもしっかりと触れている強化で、かなり改善されて動きやすくなりそうですね。

 

今回の強化で、ますます発売が楽しみになってきました!

 

ではこれで「ガスタ」の新規カードの考察を終わります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!