遊戯王マイナーラボ

「マイナーカードに光を!」をモットーにしている遊戯王ブログです。

デッキレシピを更新!【ブラック・マジシャン】、【妖仙獣】、【ジェネレイド】、【ガスタ】

どうも、ハイロンです。

さて今回は、過去に紹介したデッキレシピを最新版に更新したので、そのお知らせです。

【ブラック・マジシャン】、【妖仙獣】、【ジェネレイド】、【ガスタ】を更新しましたので、気になるデッキがありましたら、リンク先をご覧いただけたらと思います。

あと、最後に重要なお知らせがあるので、お見逃しなく!

①【ブラック・マジシャン】デッキ

f:id:hairon36:20200116130639j:plain

 「ブラック・マジシャン」デッキは、「デュエリストパック-レジェンド・デュエリスト編6-」が発売された段階で更新しましたが、その後も「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」や「融合派兵」というカードが登場したので、それらを入れた構築にしました。

 

特に「融合派兵」は、「マジシャンズ・ソウルズ」と同じように、自分のターンで「ブラック・マジシャン」の展開が行えるカードなので、「黒の魔導陣」の発動機会が増えました。

そしてその「融合派兵」を持って来れて、「超魔導竜騎士-ドラグーン・オブ・レッドアイズ」の融合素材にできるという2つの理由から「竜魔導の守護者」も取り入れています。

 

「ブラック・マジシャン」デッキを作ろうかなと思っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね!

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

②【妖仙獣】デッキ

f:id:hairon36:20200115190648j:plain

こちらは、「エターニティ・コード」とは関係がありませんが(笑)、デッキレシピが古かったので、最新版に書き直しました。

紹介した当時は「神の宣告」が準制限でしたが、今では3積みですからね…。

その他にも「強欲で金満な壺」、「墓穴の指名者」、「一回休み」、「虚無空間」といったカードを取り入れて、メタビート要素を強化しました。

 

最近、管理人がフリーでガチデッキを使う時は、このデッキだったりします。

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

③【ジェネレイド】デッキ

f:id:hairon36:20200120160936j:plain

 「エターニティ・コード」にて、「轟の王 ハール」、「王の影 ロプトル」、「トリアス・ヒエラルキア」の3枚が登場したので、それに伴ってデッキを再構築しました。

 

前の型では「単一化」も入れていたのですが、対象を取れないモンスターが増えてきたため、「スノーマン・エフェクト」に一本化しました。

あとは、トークンを利用して「超融合」で「始祖竜ワイアーム」を出したり、レベル3チューナーを取り入れて「炎斬機ファイナルシグマ」を出せるような構築にしてます。

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

④【ガスタ】デッキ

f:id:hairon36:20191120143316j:plain

作った時からの変更点としては、「ガスタ・グリフ」を入れたことですね。

必然的に手札を捨てるカードとの併用が必要となってくるので、作った当初入っていなかったのですが、「鳳翼の爆風」などの罠カードを採用すれば、相手ターンで妨害しながら、「ガスタ」をリクルートできるので、最新版では採用しています。

 

あと全体的には枚数を調整し、「ホップ・イヤー飛行隊」が抜けたので、エクストラデッキを風属性で固めました。

yugioh-minor-labo.hatenablog.com

 

ということで、【ブラック・マジシャン】、【妖仙獣】、【ジェネレイド】、【ガスタ】の4つのデッキを更新しました。 

 

今回紹介した中では、【ジェネレイド】デッキが新弾のカードで面白くなったので、オススメです。 

 

重要なお知らせ

もう知っている方もいるかと思いますが、ハイロンから読者の皆様へ重要なお知らせです。

Twitterでも発表したとおり、約5年間、ブログを書き続けてきましたが、10期が終わる節目である2020年3月31日をもちまして、ブログの更新を終了し、ブロガーを引退することとしました。

 

引退の主な理由は2つで、

ブログとは別にやっていることがあるのですが、そちらに集中したいと思い始めたのと、そろそろ引き際かなと感じ始めたのが主な理由です。

(「二兎を追う者は一兎をも得ず」ということわざもありますし。)

 

なお、引退日までは普通に更新するので、残り約2か月という短い時間ですが、引き続きよろしくお願いします!

 

今回も最後まで読んでいただき、ありがとうございました。